はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

我が家のエアコンについて②

こんにちは nao2です。



我が家のエアコンの事で、前回の続きを書きたいと思います。




もともと、エアコンは能力が大きいエアコンを1台稼働するよりも、能力が低めのエアコンを2台稼働させる方が効率がいいという考えがあったので


営業のTさんにそのことを相談すると、、、


「2台付けるなら1Fは12畳用、2Fは6畳用で十分」っていう回答。




「ほんまかいな~」


「そんなんでほんまにええの??」


って思ったんですよ(笑)




我が家は特に「暑がりで寒がりな家族」なんですよ??




妻とも相談して、、、


「1Fは14畳用、2Fは8畳用」にしました!!





あと残るは「どこに付ける??」という問題。



全館空調のことを考えて、営業のTさんと相談しながら、できるだけ家の真ん中に来るようにしたんです。


なので、2Fについては2Fホールに付けるとすんなり決定!!





問題は1FメインのZEHエアコン。



ここにはほんとは「床下エアコン」を付けたいって思ったんですが・・・



見送ったんです!!



理由は簡単に言うと「時間切れ」だったんです。





やはり床下エアコンを設置するなら、床下にまんべんなく暖気が回るように考えて設置しないといけないことや、安全性についてきっちりと考慮したものでないといけないと考えていたので・・・




「エアコンの製造メーカーが想定しているエアコンの設置とは違う設置の仕方で安全性にほんとに問題がないのか?」




「小林住宅では床下エアコンをきっちり監修してくれる体制が整っておらず、そこをどうするか?」



など、、、課題があったからです。





で、これだけ悩んだ床下エアコン・・・



 ↓ 潔く見送ったのはこれを見つけたからなんですよ!!




「床下エアコンや床暖房には及ばないけど床暖もどき??になるんちゃうの~」




ということで、一瞬でこれが気に入り、1FのZEHエアコンはこれに決定!!


ダイキンエアコン「S40UTAXP-W(-C)」14畳用






このエアコンの体感について・・・


一条工務店の床暖や床下エアコンのようにフロア全体の床を温めることはできないですが、想像していたよりはけっこうな広範囲で床を温めてくれています。



「垂直気流の効果」はそれなりに体感できますね。



あと、エアコンの風ですが「風が直接当たって不快」って感じたことはないですね。




しかし・・・



床下エアコンはまだあきらめていません!!




基礎断熱の高気密高断熱住宅、そして床下に換気システム「澄家」を導入している我が家には「床下エアコンは相性抜群!!」って考えています。



床下エアコンについては、いつかは実現させたいと思っています!!





今日も読んでくださりあrがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。