はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

フローリングについて考えたこと

こんにちは nao2です。



今回は、我が家のフローリングについて考えたことについて書きたいと思います。



私は建築前、「室内の露出面積が大きいフローリングは、選ぶものによって室内のイメージとか雰囲気が一番大きく左右されるものだと思うから、よ~く考えて選ばなあかんと思うねん!!」と妻ともよく話していたんですよ。



私はフローリングについて、できれば無垢材のフローリング、もしくは突板ならウォールナット系の濃いめの色で落ち着きのある感じが好みでした。



対する妻は、無垢材にはあまり関心がなく、突板系の明るい色のフローリングがいいと言っていました。



旧家では、どちらかと言えばかなり色の濃い床材でした。
日当たりがそんなにいいわけではなかったこともあり、妻にとっては色の濃い床材はどうしても部屋が暗く見えてしまうというマイナスイメージが強かったようです。



私は「新居は日当たりがとてもよく明るい家だからこそ、色の濃いフローリングをもってきてもええんちゃうかな?」と何度か妻に提案をしてみましたが、どうしても濃い色のフローリングはダメらしく、おまけに娘たちもいつしか妻に同調するという状況となり・・・(笑)



最終的には「できるだけ明るい色のフローリングにしよう!!」ということになりました!!



そして無垢材については、高価なのと、やわらかくて傷がつきやすいことと、手入れ等のメンテナンスもしなければならないのも億劫で、突板でもいいから無垢にできるだけ近い雰囲気で傷が付きにくいフローリングを探すことにしたのです。



このことなのですが、実は以前に一条工務店を訪問していた時、オプションでアサヒウッドテックの「ライブナチュラルプレミアム」というフローリングと出会ったんです。



アサヒウッドテックは大阪市西区にショールームがあり、早速そちらに行って実物を見せてもらってからというもの、、、すっかり一目惚れしてしまったんですよ!!



これがまた、めちゃめちゃクォリティーが高くて、ほんとに無垢材に見えるくらい落ち着いた高級感もあるんですよ~!!



それもそのはず!!
天然無垢の挽き板が2mmも表面に加工されているので、見た目も当然そうなるわけです。


こんなものを目の当たりにしたものだから、当然私も妻もその頃は「ライブナチュラルプレミアム信者」となっていたのです(笑)




ちなみに小林住宅の標準では「ノダ」または「ウッドワン」から2色選べるのですが・・・


気になるアップ料金は?と・・・小林住宅のTさんに見積もりを依頼すると・・・


なんとアップ料金が1Fだけでも約30万近く!!・・・
(確か一条工務店も同じくらいのアップ料金だったと思います)




「どこのHMでもそれくらいアップするんや~」・・・見事に玉砕なり~~(笑)



結局、我が家では小林住宅標準のウッドワン「コンビットモノ4尺」のハードメープル色を1Fと2Fに、ウォールナット色をロフトに採用することにしました。





次回は実際にフローリングを施工して感じたことを中心に書いてみたいと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。