はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

我が家の1Fトイレはこうなりました~

こんにちは nao2です



前回の続きです。



トイレに対するささやかな想いがことごとく?・・・!!



まず、小林住宅の標準のトイレはタンクレストイレではありません!!


画像はありませんが、新幹線みたいな流線形な形をしたトイレです。




タンクレストイレを要望すると、変更に20万円強かかるとのことです!!



このことでいつも打ち合わせの時に思うのは、標準からはみ出た要望は必ずと言ってもいいほど「ちょっと高すぎるんちゃうの?」と思わせるようなアップ料金になってしまいます。





メーカーや代理店などから予め仕入れる設備等を限定し、大量仕入れによるスケールメリットの恩恵が受けられないためだと思いますが、それにしてもこんなに差が出るものなのか??と・・・




「タンクレストイレの変更でその値段はありえへんな~!!でもよーく見たら新幹線みたいな形のトイレも掃除がしやすいように工夫がされているし、デザインも近未来感があってなかなかええんちゃうの?」と思い、私は決断しようとしたのですが・・・




ところが妻はタンクレストイレがどうしても欲しいらしく・・・


結局は平行線を辿ることに・・・




そんな時にさらに・・・
手洗い場についても費用が10万以上かかるということで・・・



タンクレストイレが平行線となっているのに、おまけに手洗いは無理やろ!!となり・・・
手洗いはあきらめて撤退!!(笑)




代わりにエコカラットはショールームで実際に見て、高級感があるのと消臭効果もあると聞いたので1Fトイレとリビングだけ採用することにしました!!




スライドのドアと窓の件は全て標準の範囲内でできるとのことなのでそのまま採用しました。




こんな感じでトイレが決まりつつあるところに画期的なものが・・・


私の家づくりの先人である友人のT君の家のトイレが結構安くできそうだということがわかり、早速検討し採用することにしました!!




それがこれです~~!!


これ!!パッと見はタンクレスに見えませんか?



便器の後ろの茶色のボックスなるものの中にタンクが隠されていてタンクレスではないんですよ!!


つまり「なんちゃってタンクレス」なんですよ(笑)


ボックスなるものの左右には収納庫まで付いています。
なんと手洗いも付いています。



ちなみにこれはリクシルの「ベーシピア ピタ」という商品です。


気になるお金のほうは約10万円ほどのアップで済みました。




イメージとは違った形にはなりましたが、「タンクレス?」「手洗い」「収納」が一気に全部付いて、希望を叶えることができました。


T君!!~いいものを紹介してくれてありがとう!!~




あ、最後にもう1枚!!


スライドの引き戸を少し閉めてみた状態の画像です。


右に見えるのはエコカラットです。


ちなみに床の奥に見える丸いのが第1種換気システム「澄家」の排気口です。




読んでくださりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。