はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

台風24号に備えましょう!!

こんにちは nao2です。


今回は前回の続きを~と思ってたのですが一旦お休みします。


またまた台風が近づいています。
それも前回と同じく、我が家がある兵庫県南東部を通過しそうです。


つい先日の台風21号並みの勢力「非常に強い」勢力のまま上陸する可能性がありそうでとても不安です。



来る台風は防ぎようがないので、せめて前回の台風を教訓に可能な限りの備えをしておきたいですね。



他にも雨戸やシャッターを閉めたり、風で飛ばされやすいものは屋内へ入れたり、ロープなどで固定するなどの対策もいいと思います。



我が家もエアコン室外機の日除けなどは家に入れたり、自転車も予め倒しておこうと思っています。



ライフラインが寸断されるかもしれないので、懐中電灯や電池、携帯ラジオ、飲料水や食料の確保などの備えもあればいいと思います。



あと、前回の台風と違い朝晩の冷え込みもあるかもしれないので、防寒についても対策しておいた方がいいかもしれませんね。




同じ小林住宅のブロガーで、みゆぼんさんのブログ記事になるほど!!と思ったことがあって・・・


「ペットボトルなどで予め大量の氷を作っておくと、停電時の食料の保冷に使用できるだけでなく、氷が溶けた後も飲料水になる」と。。。



とてもいいアイデアだと思いませんか!!


 


あと、ここからは我が家特有の問題なのですが、、、


ここのところ連続で記事に書いている「お向かいの解体現場」の事です。


解体自体はほぼ終わっているのですが、今のところ現場には大量の瓦礫や廃材が残されたままなんですよ!!



懸命な処理作業は進んではいるのですが・・・進捗状況を見ていると・・・


「台風が来るまでにきれいに片付くの???」という不安が!!


「廃材が残っていたら、風で飛ばされ凶器となって家の窓や外壁や車に襲ってくるやん!!」


この前の台風21号の猛威を体感した今では、容易に想像できます!!



ちょっとしたコンパネの端材やスレート端材でも、強風で飛ばされるとものすごい破壊力で、もし人に当たろうものなら命を落とします。


そんな凶器となりかねない物がごろごろと現場に散乱しているんです。


まさにヤバい状況です!!




被害に遭ってからでは遅いと思い、相手側へ連絡し


「台風が来るまでに廃材が飛んでこないように必ずきれいにしておいてほしい」


と、強く要望したんですよ。


返答は「ご迷惑をかけることのないようきっちり間に合わせます」との回答があったんですが・・・



「ほんまに大丈夫なん??」


この危険は我が家だけはなく、近隣の住民にも及ぶことだと思ったので「自治会長から近隣住民を代表して申し入れをしてもらおう」とも一瞬考えたのですが、あまり事を大きくしたくないのもあって「まぁここは信じるしかないな~」と腹をくくることにしました(笑)


とにかく今は・・・無事に台風通過を祈るだけです!!


今日も読んでくださりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。