はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

高気密高断熱住宅の生活で毎朝確認しなければならないこと

こんにちは nao2です。



冬が本番になって、今さらながら、最近になって気づいたことを書きたいと思います。



それは、毎朝着る服のことなんです。



あ、特におしゃれをしてるとか、そんなスマートな話ではなく、、、




全館空調が効いた生活をしていると、外の気温が全く分からないんですよ!!




「どれくらい服を着込んで出かけるか」を見極めなければならないんです!!




私は、通勤は私服で車通勤というスタイルなので、もし服装の判断を誤ってしまうと、、、職場に着いて車から出てしばらくしたら「やってもうた~」なんてこともしばしばあるんですよ(笑)






春から秋にかけての今までも、ちょいちょい着ていく服に迷ったことはありましたが、11月くらいからけっこう迷うようになりましたね(笑)




で・・・どうやらこういう失敗は私だけではなく、我が家の家族全員がちょくちょく経験しているんです。



まぁ、だからこそ朝の判断は重要なわけです。




方法は簡単で2通りあるんです。





一つ目は朝起きて、いったん外に出て外の様子を肌で感じる方法。



これは一番わかりやすくて確実な方法ですが、だらしない部屋着やパジャマのまま出るのは気が引けたりしますね(笑)



でも、、、普段のゴミ出しは私がやってるので、週に2回はこの時に体感できるんです。






もう一つの方法は「澄家」に表示されている外気温で確認する方法。



我が家の換気システム「澄家」には床下の温度と外気温がモニターで常時確認ができます。


その温度を見て外の様子を想像する方法です。



これはこれで便利なのですが、湿度や風の強さなどの様子はわからないのでだいたいの目安っていう感じになりますね。




これら2つの方法を日によって使い分けながらどれくらいの服装でいくのかを決めています。



娘たちは朝になると「今日はどれくらい寒いん?(暑いん?)」ってちょくちょく私に聞いてくるので、「昨日くらいかな~」とか「今日はけっこう着ていかなあかんな~」とか、朝からそんなやりとりをしていますね(笑)




今日も読んでくださりありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。