はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

旧家の家財の処分について①

こんにちは nao2です。



新居の生活が始まり1年が経ち、落ち着いた生活を送っていますが、まだ残された課題・・・それは・・・



旧家の土地を売ること!!



これは今のところ最大の課題であり、これからじっくりと向き合っていかなければならないんですが、、、




実はもう一つの課題があって・・・



旧家に残された家財を処分しなければならないこと!!



なんです。。。




引っ越しや外構工事などで慌ただしい最中に、たまたま廃品回収のチラシを見つけ、冷蔵庫を除く家電製品はなんとか全て無料で引き取ってもらえたんですが、、、



この時、家具の引き取りは対象外だったため、新居に持っていかなかった大量の家具が置いたままになっていたんです。






まぁ、そもそも、なぜこんなことになったのかと言うと・・・




新居の暮らしでは、万一の地震の備えとして、家具が倒れるという状況をなくしたい。



家具を置くことによるデッドスペースを作らず、部屋を有効に使いたい。



って、旧家の生活の中で、ずっとこんなふうに考えていたので、、、




「新居ではあえてタンスは置かず、衣類や物はクローゼットで収納するというスタイル」へと切り替えたからなんですよ。







そういうわけで、タンス類のほとんどを新居へは持っていかず、他にもテレビボードやダイニングテーブルも新居に合わせて買い替えたので、大量の家具が旧家に残されることに。。。




引っ越しから1年が経ち、いつまでもこのままにしておくのもどうかと思い、家具の処分に動き始めたんですが、、、



これが、私の甘い見通しのせいで思うようにはいかずで・・・(笑)




続きは次回に。。。



今日も読んでくださりありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。