はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

旧家から家づくりについて考えたこと② ~旧家のこと~

こんにちは nao2です。



旧家での暮らしから、旧家の色々な不満点や暮らしにくさを体感してきたことが「新居の家づくりの原動力や出発点」になっています。



このタイトルのシリーズで今後、旧家での暮らしの様子を伝え、そこから考えたことを記事にしていきたいと思います。




まずは、旧家の全般のことを紹介します。



築年数約40年の土地付き中古一戸建てを約20年前に購入しました。



土地面積は38坪


建坪も同じ38坪くらい



間取りは6DKに納戸が付いていて、さらにシャッター付きの車庫もあり


新居と比べると土地は少し狭いですが、建坪はかなり広いです。



前の住人の方は注文住宅で建築されているせいか、築年数が古い割には結構しっかりとした家だったな~という印象です。



ちなみに6月の地震(震度4~5くらい)や台風21号にも被害がなかったです。




そんな旧家の立地条件は・・・



南道路と北道路に面しており、東側も少し道路に面しているので、決して悪くはない立地条件だと思っています。



南北の道路幅は結構ゆったりとありますが、間口が新居の土地ほどは広くはないです。



それと、東西にそれぞれ隣接する家が境界から50センチ程度なので、東西の開放感はありません。



とは言っても、旧家の立地条件もずっと住んでいて愛着があったので、当初はそこで建て替えるつもりで話が進んでいたんです。



でも、新しく家づくりをするのなら、より良い立地条件を求めてみてもいいかもという思いから、期間限定で土地探しも始めたんです。



いい土地が見つかればラッキーくらいの気持ちで。。。




そんな感じで始めた土地探しも、思わぬ展開となり、、、



南向きの道路は道路幅も広く、さらに間口も広く、おまけに東南角地で西隣が公園という三方向に開放感があるので、採光と通風にも申し分がなく、私にとって理想の土地に巡り合えることができました。




↓ このあたりのことは以前に記事にしています。




しかし・・・



幸運続きの土地探しだったのですが、幸運ばかりが訪れるわけでもなく・・・


それなりの課題があるんです。




抱えている課題とは


それは・・・


「旧家の土地を売らなければならない」という課題が残されているんですよ。





そろそろ本腰を入れて売らなければならないんです(笑)



これからが佳境に入っていくことと思っています。



あまり実感はないですがオリンピック開催の追い風や、消費税率アップによる駆け込み需要など、、、



あらゆる潮目を見極めながら売りたいと、、、売れたらと、、、売れたらいいなと、、、思っています(笑)




今日も読んでくださりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。