はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

どこに建て替える??

こんにちは nao2です。


このブログにはいろいろな設定や機能があるようですが、何がなんやらよくわからず使いこなせるのか不安を抱えながらただただ書き連ねていきたいと思います。


小林住宅とは10月に入る頃から本格的な話が進んでいった訳ですが・・・


家づくりといえば間取りの作成です。設計士Nさんに図面を書いていただきました。私も妻も新しい家の思い入れはとても強かったので欲張ってたくさんの思いをぶつけました。
Nさんは私たちの要望にいつも誠実に向き合い、少しでも私たちの思いを受け止めるべく努力を重ね図面を書いてくださりました。


しかしこの時期、同時に今の土地に建て替えることへの疑問が湧いてきたんです。
「これからずっと住んでいく家を建てるのに同じ場所で建てるのがほんとにいいのか?それとももっといい条件の土地を探し、新たな可能性を模索してみるいい機会なんじゃないか?」と思いました。


まずは小林住宅の営業のTさんと設計士Nさんにこのことを伝えたところ、「ZEH申請は年明けでも十分間に合うからそれまでは土地探しをしてみては?見つからなければ今の土地に建てればいいんじゃないですか」とまさに神対応なお言葉をいただいたんです。


ほんとにありがたいお言葉です。
せっかくいただいたチャンスなので全力で土地探しを始めました。


土地探しをするからには今の土地で不満な要素をできるだけ解消できるよう整理してみると同時にお金の面もきちんとクリアできるか考えておかなくてはなりません。


<土地探し>
南側道路でできるだけ間口の広い日当たりが抜群な土地。できれば角地
車や人通りが多くない閑静な場所
子どもの転校がなく、妻の実家が離れすぎないよう極力近い場所


<お金>
もし旧家を解体すれば200万円近く費用がかかるのと仮住まい期間の家賃や引っ越し代が50万円程度で合計250万円程度かかるだろう。
建て替えに費用としてこのお金が消えていくのならいっそのことこの分のお金を土地代に充てたほうが資産として残るしそのほうが得策なのではと考え、旧家の土地の売れるであろう金額に少し上乗せした予算を設定しました。



土地探しは運で決まるというかタイミングというか売り物がないと買えないものでほんとにある意味縁のものですよね。
ましてや欲張りともいえる条件で探すのですからある意味ダメ元です。


後になってもっといい土地を探しておけばよかったという後悔をしないための実績作りだったのなと今になって思います(笑)


情報をくまなく収集し、少しでも気になる土地があれば必ず足を運び実際に自分の目で見て回りました。自分で言うのも変ですが全力投球です(笑)



そしてついに・・・


神様が縁を結んでくださいました。
希望を全て完璧に叶えてくれる土地を見つけることができたのです。


不動産屋さんの営業マンNさんには顔を合わせるたびに「nao2さん、ほんとにラッキーですよ。今まで数ある土地を仲介してきたけどなかなかこんなにいい値段でこんないい土地は見つからないですよ。」と。Nさんに感謝です。
それとチャンスをいただいた小林住宅のTさんとNにも感謝です。


購入した土地は旧家から自転車で5分くらいの閑静な場所です。
子どもが転校もすることもありません。
40坪で南側道路で間口も広く東側が私道、西側が公園という採光も風通し抜群の場所です。
この土地でN設計士さんの図面で家が建つならおそらく私たちは最高の環境の家ができると思いました。


こうして土地も決まりいよいよ家づくりが本格的に進んでいきました。


エアコンの室外機の日除け

気分が乗っているせいか書きたいことどんどん書いてみようかと・・・


今日は現在のお話です。
2017年11月に新居に入居して以来、この冬は1階にあるエアコン1台(14畳用)で乗り切りました。実際には家にはエアコンは3台ありますが2階にある2台はこの冬に稼働することは一度もなかったです。
あ、付け加えておきますがうちの家族は全員、暑がりで寒がりなので温度ストレスで我慢する気持ちなんてさらさらない家族です(笑)


エアコンのお話はまた今度ということで今回はエアコンの室外機についてのお話です。


これからどんどん暖かくなり、夏に向かっていきます。
室外機が直射日光に晒されて高温になれば、エアコンの効きが極端に悪くなるといわれています。



色々な室外機の日除けグッズや対策があるかと思いますが、先週、下手くそなDIYで日除けを自作してみました。製作にあたってこだわるところは・・・


・できるだけ安価で作る(予算は3,000以内)


・風雨にさらされても大丈夫なものを作りたい


・メンテナンスフリーなものを作りたい


・下手くそながら見栄えもちょっとは気にしたい(願望)


色々な画像や商品を見て参考にしながら自分なりのオリジナルを作ってみようとあれこれ考えながら作ってみました。


ホームセンターで比較的安価なポリカーボネートを購入し日除け効果を高めるために2枚を貼り合わせてみました。


波板だと見栄えが悪いし・・・
アクリル板は結構高かったので採用せず。
木板は定期的にメンテナンスをするのが面倒なので採用せず。
雨水が流れるように勾配を少しつけています。


太陽の角度を考えて前方の庇を長めにとってみました。


室外機に覆いのように被せるのではなく、熱が逃げやすいように隙間をあえて作ってみました。


下地の木材は恐らく濡れることはないと思いますが念のため防腐剤を施しています。


ぱっと見は太陽光パネル??に見えてなかなか面白い仕上がりになったなーと自己満足です(笑)


ちなみに費用はちょっとオーバーして4,000円くらいかかってしまいました。


あ、ちなみにまだ完成しておりません。
風で飛ばされないような重りを土台と室外機の隙間に施すかもしくはベルト固定を施す予定です。



冷房効率が上がって制作費が回収されるのかどうかは残念ながら計算できないのでわかりません(笑)



~~皆さんは何か対策をしていますか?~~

ローコストHMにするのかしないのか~決定まで③

お金をできるだけかけないで家づくりを目指すならタマホームという選択と、ある程度お金をかけてでも自分の中で納得できる一定の満足を実現できるHMという選択は、おそらくみなさんも一度はどこかで考えたことがある方も多いのではないでしょうか??


どちらもメリットデメリットがあるだけに・・・


ん~~!!正直私もだいぶ悩みました~~!!


一条工務店にしろ小林住宅にしろタマホームと金額面だけで比べたらどれだけ少なく見積もっても300万円以上の開きがあると・・・


当然ながら300万円についていろいろ考えてみましたよ・・・


車なら新車が買えるなーとか・・・


ローンなら数年分の返済額に相当するだろうなーとか・・・


300万円なら子どもの学費に回せてだいぶ助かるなーとか・・・


300万円の他の使いみちのことを考えるとこの金額差はやっぱり大きいなーってなりました!!


その一方でHM巡りを通していろいろなことを学び、悩み悩んでたどり着いた結論はというと・・・


「大きな買い物をするのなら後々に後悔はしたくない。
それなら最低限、それもほんとに最低限でもいいので、自分の中で絶対に譲れない部分をもう一度整理して、それだけでも実現できる家づくりをめざそう!!
それはやっぱり旧家からずっと思っていた地震に強い家と温度ストレスのない家だと!!」


これがお金と家づくりのジレンマを解消するために至った結論です。



この時点でタマホームは候補から外し、いよいよ一条工務店と小林住宅のどちらかに決める段階にたどり着きました。


この頃、ZEH補助金にもとても関心がありました。
ZEHとは、簡単に言うと年間のエネルギー(光熱費)が太陽光発電などの発電分で相殺できるなら国が125万円の補助金を出しましょうというもので、それには国が基準として定める高気密高断熱仕様で省エネな家を作らなければなりません。



「自分が目指す高気密高断熱で温度ストレスがない家」=「ZEH基準の家」に見事にマッチするどころか費用削減のために補助金もあるならばまさに一石二鳥だと考え、絶対にZEH補助金がもらえる家、それも標準でZEH基準を満たしているHMということで一条工務店と小林住宅を候補として挙げていた理由だったのです。



小林住宅と一条工務店のi-smartとi-cubeの価格差はオプションの採用などで変わってきますが、自分が色々調べて試算してみたことろ少なく見積もってもi-cubeで約100万円i-smartで約200万円以上の開きがあるように思います。


断熱性能はC値については小林住宅が優位ですが、Q値やUA値は一条工務店が優位ですし、標準でトリプル樹脂サッシ、全館床暖房やハイドロテクトタイルがついている一条工務店はとても魅力的です。


この金額の開きは先ほど書いたとおりの金銭感覚とほぼ同じで、この金額差が快適性とどのように自分の中で折り合いをつけるのかということです。



「こんなこと実際に自分が暮らして体感したわけでもないのに比較なんてできるわけないし、そもそも体感なんて人それぞれ違うのだから人の意見も鵜呑みにはできないなー」となかなかお金と快適性の折り合いがつかずにいました。


そんな中、時期は2016年の秋になり、HMをきめる決定的なことがありました。
それは、一条工務店は契約を取り交わさないと図面作成や具体的な話を進めることができず、一方で契約によってはZEH補助金の猶予に間に合わないことがあるとわかりました。つまり、間取りなどいろいろな決め事を行ってから契約すれば建築期間を十分確保できるが、契約してから間取りなど詳細を決めていては建築期間を考慮するとあまり時間的な猶予がないということです。


一条工務店でZEH補助金を受けている方も多数おられるようですが、少なくとも私の通っていた展示場では、ZEH補助金を受けて家を建てたいという思いに親身になってもらえるような雰囲気ではないと感じました。


一方、小林住宅ではZEH補助金を受けましょうと私の思いを気持ちがいいくらい快く受け止めていただけました。


このことにより一条工務店との金額の開きがさらに125万円開いたこと、それと「ZEH基準の家が建つならおそらく自分が最低限譲れないくらいの家は建つんじゃないかな?耐震性能についても等級3の家が予算内で建つことも確認できたので大丈夫かな?」


他にもキッチンやフローリングなどをはじめとする様々な設備が一条工務店とは比べ物にならないほど豊富な中から選択できること、間取りも生活スタイルや暮らしやすさに合わせて自由な発想で考えてもらえそうなどなど・・・



最後は勢いというか直感というかずばっと!!決定に至ったというわけです!!


それでも内心ではいろいろな不安は付きまとったままなのですが・・・(笑)




ローコストHMにするのかしないのか~決定まで②

候補に挙がったHMについて、2年前に展示場巡りをしていた頃を思い出しながら、今でも印象に残っている特徴と感想を覚えている範囲で書いてみたいと思います。



一条工務店


フィリピンに自社工場があるため、外壁タイル・断熱材・フローリング・キッチン・ユニットバス・太陽光パネル・床暖房・木材の防蟻処理等々、ありとあらゆるものが自社製造のためコストが削減され、結果的に顧客に安く提供されるしくみ。


外壁はTOTOの光触媒技術のハイドロテクトタイル貼り、全館全室床暖房標準装備、それとトリプル樹脂サッシやダブル断熱を採用し、圧倒的な高気密高断熱性能。またCMも一切行わないことでコストカットという企業努力も併せ、これだけの装備が充実しながらオプション抜きとはいえ坪単価は60万程度で叶い、とてもコストパフォーマンスが良いHMだと感じ候補としました。





クレバリーホーム


フランチャイズシステム展開が特徴。外壁が標準でタイル貼り。
私が訪れた展示場は断熱性能と気密性向上のためにアクアフォームを基礎から壁、屋根裏へ施工しているのが印象的でした。
価格はタマホームと大手HMの中間あたりであったため候補としました。





モコハウス


おそらくご存知の方は多くおられないかと思いますが地元のHM。
たまたまネットで高気密高断熱の家づくりに力を入れている会社を調べていて知り、展示場へ。
スゥエーデン建築家がプロデュースした特徴的なデザイン。
外断熱工法を採用。樹脂サッシよりも高性能の木製トリプルサッシ。
床材は天然無垢材。
高気密高断熱に強いこだわりを持つHMということで候補としました。





小林住宅


関西ではご存知のかたもおられると思いますがこちらも地元のHM。
展示場は西宮・なんば・千里・中百舌鳥にあり。
外断熱工法と内断熱のダブル断熱。
外断熱で最大のリスクといわれるシロアリ対策にはタームガードシステムを標準採用。
換気システムはのマーベックス製の第一種換気方式「澄家」を採用。
こちらも高気密高断熱に強いこだわりを持つHMということで候補としました。






まず、クレバリーホームは、床下にもアクアフォームを施工するため、万一シロアリが侵入すれば、アクアフォームの中が蟻道となり、シロアリの発見を遅らせ被害を拡大させてしまうであろう欠点から防蟻対策については特に強く心配したのですが、防蟻についての考え方が自分の考えとは合わずに断念。


モコハウスはデザインの好みが妻の好みに合わず断念。


一条工務店と小林住宅、それとローコストのタマホームの3つに絞られたのですが・・・


~③へつづく~






ローコストHMにするのかしないのか~決定まで①

リフォームの選択がなくなり、建て替えとなると施工面積で35坪程度でどのくらいかかるのかという予算の問題に直面するわけですが・・・


ローコストHMの代表格であるタマホームとを比較した場合、オプション等を含めなければリフォームの価格とほぼ同額で購入可能となり、耐震性能・断熱性能はもちろん、すべての物が新品なので、リフォームよりも後のメンテナンス費用も抑えられるものと考えました。


ローコストながらも、ダブルサッシLow-Eガラス、換気システム、断熱材も内断熱のグラスウールではあるが厚みや施工にも気を配り、耐震性能もお金をかければダンパーの採用や耐震性能を上げることも可能であるなど当時の旧家の状況と比べると、価格重視の観点で見れば、なかなか魅力のある提案だという印象を受けていました。




家を新築すると決めたなら、ハウスメーカーを決めて家を建てるまで1年くらいかけてじっくり検討するという期間設定をしましたので、「一生に一度の家を建てるならいろいろな情報を集めて総合的に判断しよう!!」という気持ちが芽生えてきていました。



予算についても当初は1500万円までと決めていたのですが、その値段でリフォームはできたとしても、とても自分自身が満足のいく家にはならないと想像できていたし、リフォームに1500万円出すのならもう少し予算を増やしてでも最低限の満足のいく家を建てたほうがいいという考えにも至っていました。



一方で、家のローンのために生活の他のことを大きく犠牲にすることは絶対に避けたいというジレンマもあるわけですから、家の性能と自分自身の満足度がどの価格で折り合うのかを探りながらHMの展示場巡りを行っていました。


この頃になると価格のタマホーム対〇〇という構図での比較で考えていたと記憶しています。


耐震性能はどこのメーカーももはや当たり前に気を配っていますが、高気密高断熱を売りにしているメーカーはさほど多くないとわかってきました。


最終的に価格のタマホームの対抗に絞られたのが一条工務店、小林住宅、クレバリーホーム、モコハウスとなりました。