はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

フローリングを採用してみて実際に感じたこと

こんにちは nao2です。



我が家のフローリングは、小林住宅の標準のウッドワン「コンビットモノ4尺」を採用しています。



「コンビっとモノ4尺」の特長は、1枚1枚貼るタイプの床材なので施工に手間がかかるのですが、仕上がり後の継ぎ目のところが本物感があってかっこいいことと、床材自体も耐久性や耐傷性を高めているところがウリになっています。



 実際に鉛筆を使った社内実験では、3H程度の硬度に耐えられることが確認されたそうですので、暮らしの中でつきやすいスリ傷やひっかき傷など、さまざまな傷を軽減してくれそうです。


また、汚れも拭き取りやすく、染みつくと取れにくい汚れも、サッと拭き取り可能とのことです。


表面には、高性能のWHFコートという高機能・高性能の耐傷ウレタン塗装を施し、メンテナンスを簡単に、銘木の美しさを長く保つための機能があるようです。



無垢材突き板の合板ですので、天然無垢材までの質感と高級感はありませんが、小林住宅の標準なのでコストアップがないことと、傷がつきにくいということと、メンテナンスがほとんど不要ということで採用しました。



上2枚がハードメープル色で3枚目がロフトのウォールナット色です。



個人差があると思いますが、私の実際の体感としては、天然無垢材のような柔らかさはなく、かなり固いなという感想です。


傷に強いということは、固いのは当然かなと思っています。



無垢材の突き板ですので、それなりに木の模様や質感は出ていますが、やっぱりコーティングがなされているせいか無垢板よりも光沢感が出てしまっているな~という印象です。



傷に関しては住み始めて5か月ですが、私の不注意で脚立から転落したときに、尖ったものが当たってしまい傷が数か所できたくらいで、他に大きく立つ傷は見当たりません。



一応、家具の脚には傷防止のシールやカバーなどの対策はしています。



その他に不注意でちょっとした物を落としたりすることもありますが、普通に生活をしている限りにおいては、傷がつきやすい床だな~という印象は全くないですね。



なので今のところ、床に傷をつけないように!!みたいに神経質になって生活をしている感覚はありません。



小さな子どもがいるご家庭とは違い、子どももそこそこの年齢になっているので無茶なことをしないからということもあるのかもしれませんね(笑)




あ、そうそう・・・!!


実際に住んでみて、明るい色のフローリング色で一つだけデメリットと感じたことがあります。


それは「床に髪の毛が落ちていると、とても目立って気になる!!」ということです。



旧家では色の濃い床材だったので、おそらくたくさんの髪の毛が落ちていたのだろうと思われますが、ほとんど気になることはなかったんです。



新居に移り住んで突然抜け毛が増えたということもないので、おそらくフローリングの色の違いによるものだと思っています。



落ちている髪の毛が気になる時には、前にもご紹介しましたように、気軽にサッと使えるコードレス掃除機があるおかげで、とても助かっています!!



気になるかどうかは人の感覚によるものですが、これから家づくりをお考えで、フローリング色のご検討される時にはこのことも念頭に置かれてみてもいいかと思います。




今日も読んできただきありがとうございました。


フローリングについて考えたこと

こんにちは nao2です。



今回は、我が家のフローリングについて考えたことについて書きたいと思います。



私は建築前、「室内の露出面積が大きいフローリングは、選ぶものによって室内のイメージとか雰囲気が一番大きく左右されるものだと思うから、よ~く考えて選ばなあかんと思うねん!!」と妻ともよく話していたんですよ。



私はフローリングについて、できれば無垢材のフローリング、もしくは突板ならウォールナット系の濃いめの色で落ち着きのある感じが好みでした。



対する妻は、無垢材にはあまり関心がなく、突板系の明るい色のフローリングがいいと言っていました。



旧家では、どちらかと言えばかなり色の濃い床材でした。
日当たりがそんなにいいわけではなかったこともあり、妻にとっては色の濃い床材はどうしても部屋が暗く見えてしまうというマイナスイメージが強かったようです。



私は「新居は日当たりがとてもよく明るい家だからこそ、色の濃いフローリングをもってきてもええんちゃうかな?」と何度か妻に提案をしてみましたが、どうしても濃い色のフローリングはダメらしく、おまけに娘たちもいつしか妻に同調するという状況となり・・・(笑)



最終的には「できるだけ明るい色のフローリングにしよう!!」ということになりました!!



そして無垢材については、高価なのと、やわらかくて傷がつきやすいことと、手入れ等のメンテナンスもしなければならないのも億劫で、突板でもいいから無垢にできるだけ近い雰囲気で傷が付きにくいフローリングを探すことにしたのです。



このことなのですが、実は以前に一条工務店を訪問していた時、オプションでアサヒウッドテックの「ライブナチュラルプレミアム」というフローリングと出会ったんです。



アサヒウッドテックは大阪市西区にショールームがあり、早速そちらに行って実物を見せてもらってからというもの、、、すっかり一目惚れしてしまったんですよ!!



これがまた、めちゃめちゃクォリティーが高くて、ほんとに無垢材に見えるくらい落ち着いた高級感もあるんですよ~!!



それもそのはず!!
天然無垢の挽き板が2mmも表面に加工されているので、見た目も当然そうなるわけです。


こんなものを目の当たりにしたものだから、当然私も妻もその頃は「ライブナチュラルプレミアム信者」となっていたのです(笑)




ちなみに小林住宅の標準では「ノダ」または「ウッドワン」から2色選べるのですが・・・


気になるアップ料金は?と・・・小林住宅のTさんに見積もりを依頼すると・・・


なんとアップ料金が1Fだけでも約30万近く!!・・・
(確か一条工務店も同じくらいのアップ料金だったと思います)




「どこのHMでもそれくらいアップするんや~」・・・見事に玉砕なり~~(笑)



結局、我が家では小林住宅標準のウッドワン「コンビットモノ4尺」のハードメープル色を1Fと2Fに、ウォールナット色をロフトに採用することにしました。





次回は実際にフローリングを施工して感じたことを中心に書いてみたいと思います。



W断熱の外断熱材について考えたこと

こんにちは nao2です


すこし前に、W断熱の内断熱のことを書きましたが、今回は外側を覆っている外断熱について書いてみようと思います。



小林住宅の標準の断熱材は、クラボウの「クランボードAP」という硬質ウレタンボードを採用しています。


内断熱は、現場吹き付けの発泡ウレタンフォームのクラボウの「ソフティセルワン」を使用していますのでW断熱どちらもクラボウの製品ということになります。



私がW断熱についてメリットと思うところは、、、


施工については、気密性が出しやすい外断熱工法、さらに現場吹き付けの発泡ウレタン施工も気密性がだしやすい施工であり、気密性確保の観点から見ればまさに最高の組み合わせだな~と思っています!!




一方、断熱性能は、断熱材自体の性能も併せて、断熱材の厚さもとても重要なので、その点でもW断熱はとてもいいと思っています。





気密性と断熱性に優れたW断熱で、私が特に最大のメリットと考えているのは、「気密性の劣化リスクに強いのでは?」と考えているからなんです。



前にも話しましたが、気密性の劣化は、温熱環境だけではなく換気システムの性能を適正に発揮させるためにもとても重要なポイントになってきます!!



C値が1.0を超えてしまうと換気システムが正常に働かなくなるとも言われているようです。



そういう意味で、気密性を確保しやすい2つの施工を組み合わせていること、それも全く違った方法の気密施工を組み合わせていることは、気密性能を劣化させにくいことにつながっているのでは?と考えています!!




つまり、どちらかの施工に気密性能を劣化させる何らかの要因があったとしても、もう一方の施工によって気密性能をバックアップできるのでは?と考えるわけです。





次に外断熱材についてメリットと思っていることなのですが、、、


「クランボードAP」は、片面にポリエチレンコート・アルミ面材がついているので、高防湿で、輻射熱を大幅に遮る効果があるようです。



個人的には、屋根や外壁で完全に覆われてしまう断熱材に輻射熱を遮る効果がどれくらいあるのだろう?と思ってしまいます。
まぁ、ないよりはましなのかな?くらいに思っています。



防湿性については、アルミ面のところを実際に手に取り触ってみたのですが、水は完全にはじき返しそうな仕上がりになっているな~と感じました。



もし、太陽光パネルの穴を開けた貫通部から雨漏りがあったり、他にも外壁内に雨漏りがあったとしたとしても、防水シートまたはルーフィングとクランボードのダブルで躯体自体が濡れるのを防いでくれそうです。


躯体が濡れて劣化することは絶対に避けたいと思っているので、そういう意味でクランボードは信頼性があり安心感もあるかなと考えています。




外断熱材の厚さについて思うこと


断熱材の厚みについてですが、壁40mm、屋根50mmと、自分の感覚ではやや薄いかなと思っています。



一応の限界値と思っている壁50mmがほしいところだと思っていたのですが・・・


しかし、外断熱工法は、断熱材を施工する釘にかかる重量が性能の経年劣化の要因になり得るとも言われているので、断熱材の厚みについてはとても慎重に考えるべきだとも思っています。



このことについて書くと長くなるので、釘と断熱材の厚みのことについては、またの機会に書いてみたいと思います。



今日も読んでくださりありがとうございました。

目の当たりにした玄関ポーチの広さ

こんにちは nao2です。



「玄関は家の顔だ!!」ってどこかで聞いたようなことがありませんか??


私はまさにそのとおりだと思っていて、やはり正面から見たときに玄関が見えるのが好みなんです。




間取りを作成していた時に提案された図面では、玄関が横向きに付いているのがすご~く気になって、正面に向くようにお願いしたくらいなんですよ(笑)



間取りの変更も簡単にでき、玄関は正面に向いてよかったのですが・・・



でも・・・実際の出来上がってから思ったんですが・・・
ポーチにはもう少し広くしておけばよかったな~と思っています。



実際に玄関から出入りするときに気づいたのですが、買い物などで多めの荷物があってドアを開ける時、片足をポーチ外へ下がり、体を一旦後方へ逃がさなければならないことがあるからです。
まぁ、それくらいのことはとても些細な事なのですが(笑)


それよりも、ポーチが広いとパッと見た印象でインパクトがあって、ゆったりしていて見栄えがいいかなって思ったんです。




でも、実際は、来客用のときの駐車スペースとして前を開けておきたいという思いもあって、今の形でも仕方がないのかなという思いもあります。



画像ではわかりにくいと思いますが、実際は2マス分(畳一畳分)の広さです。
幅については、向かって左側の壁の裏が駐車スペースになるので伸ばせませんが、奥行きだけでもあと0.5マス分は増やせたかな?と思っています。


実際に家が建つと、こんな小さな気付きやちょっとした後悔?みたいなのがけっこうあるんですよ!!
あんなに細かく色々気を配って考えたのに・・・(笑)


またこういうのを、これからもちょくちょく書いていくことにします~




今日も読んでくださりありがとうございました。


庭の水道はどこに?

こんにちは  nao2です



みなさんは、家回りや庭の水道はどんなふうに配置されていますか?


水道は用途に合わせて場所や形状を選択する感じになるのではと思います。




我が家の配置なのですが、使用頻度が一番高い場所ということで、まずは玄関周りを考えました。


用途としては、玄関ポーチの掃除、運動靴など外物洗い、玄関すぐそばに駐車している車の洗車、玄関すぐ前にあるポスト周りの植木に散水など・・・





次に使用頻度が高そうな場所ということで、勝手口周りを考えました。


用途としては、勝手口デッキの掃除、ゴミ箱の掃除など・・・




それともう一つ考えたのが、玄関周りと勝手口は家の外周上でほぼ対角線に位置しているので、家の敷地内のどこかで水が必要になれば、どちらかの場所からホースで引っ張ることだ可能になると思い、この2か所に設置することにしたんです。




次に形状についてですが、立水栓と散水栓にについて自分なりに考えてみました。




立水栓


立ち上がったところに蛇口があるので、何と言っても使いやすさが抜群だと思いました。


また、ホースを繋ぎっぱなしにできるので、気軽に使いたい時にサッと使うことができるな~と思っています。けっこうこれって重要なことだと思っているんですよ(笑)

ただ、排水パンを設置するなどそれなりに場所を取るのがネックだと思っています。




散水栓


場所を取らないので見た目がすっきりとするのと、設置費用が立水栓の半額くらいで設置できるのがメリットかなと思っています。

ただホースを繋ぎっぱなしにできず、使う度に片づけなければならないので使用頻度が高い場所では不便かな?と思っています。





それで出した結論は・・・


玄関脇は立水栓、勝手口は散水栓にしました。

「玄関脇という場所に立水栓というのは見た目はどうなんやろ!!~?」と抵抗もあったのですが、やっぱりこの場所で水を使う頻度を考えると利便性を重視したいと思い選びました。


こんな感じです~!!


最初は排水パンが付いていたのですが、大きくて見た目も?で、やっぱり玄関前はできるだけすっきりとしておきたいと思い撤去し、こういう形で落ち着きました。



排水パンがなくなると、そんなに目立たないと思っているのですが、どうでしょうか??



実際ここに配置してみて、想像どおり植木の散水や洗車、傘や靴を洗ったりと、用途も多いのでとても使いやすく重宝しています。





一方、勝手口の散水栓ですが、実際にはほとんど使っていません。


ゴミ箱はそんなに洗う機会もなければ、外周上のどこかで必要となったことは、今のところありません。


「それじゃあ、散水栓は要らんやん!!」と思いそうなのですが、設置費用が安いこともあり、外周のどこかの場所で「水が必要!!」となったときのために、あったほうがいいかなと個人的には思います。



今日も読んでくださりありがとうございました。