はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

やっぱり無理?カーポート ~前編~

こんにちは nao2です



私はブログを始めるときに、いいことばかりを書くブログではなく、ちゃんと悪いことも包み隠さず思った事をそのまま書いていきたいと思ってこのブログを始めました!!



そういうわけで、今回は家づくりの中でたくさんあった失敗談のうちの一つを書きたいと思います。




家づくりでは、担当の営業の人、設計士さん、コーディネーターさん、専門的な商品を扱うショールーム、ネットや雑誌の情報、口コミなど・・・たくさんの情報を得ることができます。


それらを通して、その商品の性能、形、色、大きさなど様々なことを正確に知ることができます。
時にはその方々の経験談に基づいてアドバイスもいただけます。




でも・・・


それって、性能はともかくとしても、色やサイズ感、体感や調和などについては、実際そのものを目の当たりにした時、その当人の感覚によって良し悪しが決まるところがあると思いませんか??



このことに限らず、例えば何かを買ったあとに「えー!!なんか思っていたのとちゃうやん!!」というように、自分が描いていたイメージと実際のギャップにショックを受けることってありますよね?


まぁ、そういうイメージギャップを減らすために念入りに調べたりするのですが、なかなかうまくいかないときってありますよね~・・・



そのことで、我が家の駐車スペースのことなのですが~~~


色々と念入りにサイズを測ったり調べたりしたにもかかわらず、実際はイメージどおりにはならず・・・という失敗があったんです!!



我が家では車を2台所有していて、大きい方の車は家の図面を作成当初から駐車スペースを考慮して決めました。
そして、完成後の実測は約2400×約5200だったのです。


駐車スペースのだいたいの寸法は知らされてはいたのですが、正確なサイズは家が完成するまで知ることができず、実測ではじめて知ったということなんです。
 


ちなみに車のサイズは1820×4850で、ドアの開閉などを考えると、長さも幅も決して余裕があるスペースとは言えません。



そんな状況にありながらも、新築前から新しい家にはカーポートを付けようとずっと思い描いていたんですよ!!


車の乗り降りで雨に濡れないし、車も汚れにくいのでやっぱり欲しいところです!!



家が完成した時点で、実際に自分の車を駐車させてみて、カーポートを作ることが可能なのかを検証したかったのですが、この時点ではまだ駐車スペースは整地されておらず、とても車を乗り入れて検証することができる状況でもなかったので、見極めることができず・・・



営業のTさんや外溝業者さんに相談を持ち掛けたのですが、これがまた微妙な見解・・・


要約すると、カーポートを設置しようと思えばできるが、カーポートの支柱が邪魔になって人が通り抜けるのが厳しいかもしれないよと・・・
運転テクニックに自信があったり車をある程度斜めに駐車すれば、支柱があっても大丈夫かもしれないだろうと・・・



冒頭で言ってたのは、まさにこのことです!!
「結局自分の感覚に当てはめて想像するしかないやん!!」




申し訳ありません!!
長くなるので2回に分けて書くことにしますね。



読んでくださりありがとうございました。

2018年5月分の光熱費

こんにちは nao2です。


5月分の電気料金とガス料金の通知が来ましたので、発表したいと思います。


先日にもブログに書きましたが、売電は,まだできていない状況での報告となります。



電気料金は若干減っています。


エアコンは全く稼働させていないため想像していたとおりでした。




一方、ガス料金は若干増えています。


今月は、日数が33日で計算していることもありますが、思ったほど光熱費が下がっていないな~という印象です。


暖かくなり水温が上昇することにより、給湯にかかるガス使用量が減少していると思っていただけにちょっと残念な数字です。




2か月だけのデータでは何も見えてきませんが、当然ながら旧家に比べたら大幅に光熱費は削減されています。


とりあえず・・・この先の推移を見守ってみたいと思います(笑)



今日も読んでいただきありがとうございました。


1Fの和室をどう考えたのか

こんにちは nao2です


今回は、和室の用途で迷走したことについて書きたいと思います。



家の面積に余裕があるかたは、LDKの他に和室など部屋数を増やすことも容易にできるかと思います。


でも我が家は、間取りにそれほど余裕があるわけでないので、和室の場所、広さ、用途などについてとても悩んだんです。



和室は、お客さんが来たときに休んでいただくための部屋っていうイメージがあって、旧家にはリビングの他に和室がありましたが、そこに誰かが泊まるということは一度もなかったのです。



和室がたまたまリビングと続きの部屋だったこともあり、和室がリビングのスペースと同化して取り込まれたような感じで、もはや客間というよりリビングの畳スペースみたいになり、とても部屋が広く使えてとてもよかったんです。




こんなこともあり、まず考えたのは・・・



我が家の場合、完全にリビングと独立した和室にしてしまうと、たぶんほとんど活用しない無駄なスペースになってしまうだろうな~と・・・



客間として活用する頻度はほとんどないのなら、生活スペースとして取り入れた和室にしてしまうのか、それともいっそのこと和室をなくしてリビングをゆったりと広くした方がいいんじゃないかと・・・



そこで考えたのが「小上がりの和室」だったのです。




小林住宅の展示場には小上がりの和室があり、とてもイメージしやすかったので我が家にはピッタリだなとかなり積極的に考えていました。




小上がりの和室って寝転がりながらとか、段になってるのでそこで腰かけてテレビを見たり、時には書斎みたいになったり、戸を閉めると客間にもなり、まさにいろいろな用途があり、とても魅力があると思っていました。




他にも小上がりの畳の下は収納にもなるので、そこもとても便利そうですよね!!




我が家の場合、リビングの広さからするとせいぜい3畳くらいのサイズがちょうどいいと思い、間取りの作成にはあれやこれやと検討してみたものの・・・



「たとえリビングの中の小上がり和室というポジションであったとしても、段が付くスペースができることによってリビングが狭く感じたり、圧迫感を感じないか?」「それならゆったりLDKのワンフロアのほうがいいのではないか?」と迷いが・・・



こればかりは、実際に出来あがった時に自分がどう感じるのかによるものであり、小上がり和室が「思っていたイメージと違う・・・」と思うかもしれないというリスクは負いたくはないな~と思い、最終的には1FはゆったりとLDKのみと決断することにしました。



でも、やっぱり家のどこかに和室がほしい・・・
ということで・・・妻ともいろいろ話し合った結果、我が家は2Fの寝室を和室にすることで落ち着きました。



読んでいただきありがとうございました。

我が家の1Fトイレはこうなりました~

こんにちは nao2です



前回の続きです。



トイレに対するささやかな想いがことごとく?・・・!!



まず、小林住宅の標準のトイレはタンクレストイレではありません!!


画像はありませんが、新幹線みたいな流線形な形をしたトイレです。




タンクレストイレを要望すると、変更に20万円強かかるとのことです!!



このことでいつも打ち合わせの時に思うのは、標準からはみ出た要望は必ずと言ってもいいほど「ちょっと高すぎるんちゃうの?」と思わせるようなアップ料金になってしまいます。





メーカーや代理店などから予め仕入れる設備等を限定し、大量仕入れによるスケールメリットの恩恵が受けられないためだと思いますが、それにしてもこんなに差が出るものなのか??と・・・




「タンクレストイレの変更でその値段はありえへんな~!!でもよーく見たら新幹線みたいな形のトイレも掃除がしやすいように工夫がされているし、デザインも近未来感があってなかなかええんちゃうの?」と思い、私は決断しようとしたのですが・・・




ところが妻はタンクレストイレがどうしても欲しいらしく・・・


結局は平行線を辿ることに・・・




そんな時にさらに・・・
手洗い場についても費用が10万以上かかるということで・・・



タンクレストイレが平行線となっているのに、おまけに手洗いは無理やろ!!となり・・・
手洗いはあきらめて撤退!!(笑)




代わりにエコカラットはショールームで実際に見て、高級感があるのと消臭効果もあると聞いたので1Fトイレとリビングだけ採用することにしました!!




スライドのドアと窓の件は全て標準の範囲内でできるとのことなのでそのまま採用しました。




こんな感じでトイレが決まりつつあるところに画期的なものが・・・


私の家づくりの先人である友人のT君の家のトイレが結構安くできそうだということがわかり、早速検討し採用することにしました!!




それがこれです~~!!


これ!!パッと見はタンクレスに見えませんか?



便器の後ろの茶色のボックスなるものの中にタンクが隠されていてタンクレスではないんですよ!!


つまり「なんちゃってタンクレス」なんですよ(笑)


ボックスなるものの左右には収納庫まで付いています。
なんと手洗いも付いています。



ちなみにこれはリクシルの「ベーシピア ピタ」という商品です。


気になるお金のほうは約10万円ほどのアップで済みました。




イメージとは違った形にはなりましたが、「タンクレス?」「手洗い」「収納」が一気に全部付いて、希望を叶えることができました。


T君!!~いいものを紹介してくれてありがとう!!~




あ、最後にもう1枚!!


スライドの引き戸を少し閉めてみた状態の画像です。


右に見えるのはエコカラットです。


ちなみに床の奥に見える丸いのが第1種換気システム「澄家」の排気口です。




読んでくださりありがとうございました。

我が家の1Fトイレが決まるまで~

こんにちは nao2です



1Fのトイレって来客用があることも考えてみると、ちょっとだけでもおしゃれな感じにしたくなりませんか?


私にとってトイレという空間は、狭いながらも落ち着いた空間でありたいなと思うわけで・・・



そういうわけで当初、我が家が建築前に思い描いていたトイレとは~~


タンクレスで手洗いが別に付いていて、壁にはエコカラットというイメージ・・・



それと、将来には車椅子で生活するかもしれないことも考え、入口は扉ではなくスライド式ドアがいいな~と・・・



収納も簡単な掃除用具等は保管したいのでそこそこのスペースは確保しておきたいな~と・・・



窓は外から人影が見えるのは嫌なので、そこそこの高さがあることろに明かりとりになるくらいの小さな窓があるといいな~と・・・





こんなイメージを持ちながら、いざ!!打ち合わせへ~~



まぁ、こういうことは全てが上手くいくはずもなく・・・


またしてもお金!!という大きな壁が立ちはだかりながら・・・
でも最終的にはいいものを見つけたんですよ~!!


続きは次回に書きますね。