はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

我が家の換気システム「澄家」のランニングコスト①

こんにちは nao2です。



今回は、我が家の換気システム「澄家DC-S」のランニングコストについて書きたいと思います。



何度か記事にも書いていますが、改めて「澄家DC-S」の特徴は・・・


熱交換型換気システムの中でも「温度交換率90%」で、トップクラスの換気システムとなっています。



さらに湿度交換率も高く、、、


夏場の蒸し暑さにも効果があり、エアコンの除湿負荷が減ることで省エネ効果が期待できるようです。


また、冬の過乾燥にも効果が期待できるようです。





※「澄家」の製造元マーベックスHPから拝借しました




これまで「澄家」についてはいろんな事を記事に書いてきました。




個人的に「澄家」を評価しているところは、我が家の小林住宅での快適な暮らしを支えている重要な要だと考えているからです。



つまり、小林住宅の最大の特徴である外断熱工法(内外基礎断熱)、さらに気密性・断熱性を重視した性能には「澄家DC-S」は最高に相性のいい換気システムだと思えるからです。



でも・・・快適な暮らしを得るためには、やはりコストが気にかかるところですよね。


そこのところを考えてみたいと思います。


まずは電気代

我が家では、「澄家」の風量設定は6段階のうち最強の6で設定しています。



それで毎月900円前後です。
一度たりとも月額1,000円を超えたことはなかったですね。



その金額を私の個人的な感覚としては、体感的に得ている快適性と比べたら「安い」という感覚です。



次に消耗品等のコストについてですが、次回に書きたいと思います。


今日も読んでくださりありがとうございました。



勝手口を設けるかどうかで考えたこと②

こんにちは nao2です。



前回の続きです。


勝手口があると、我が家の生活習慣に合っているので暮らしやすくなります。


しかし、勝手口を設けることは扉を付けることになるので「本来なら収納スペースにできるところを潰さんとあかんやん」という考えもあったんですよ。



大きな土地にゆったりした間取りの家を建てるならともかく、我が家のように限られた敷地の中で間取りを考える時、「ゆったりと」というよりも「シビアに」と間取りを考えなくてはならないのでなおさらです。



動線的に考えても、勝手口はキッチン周りに設けることになるだろうから「パントリー的な収納を一つ犠牲にするな~」と考えたんです。



なので、もし勝手口を設けるなら「キッチン付近の他の場所にパントリー的な収納スペースの確保ができて、その収納までの動線をきちんと考えとかなあかん」と考えたんです。




そんなことをいろいろと考えるなかで・・・


小林住宅の設計士Nさんに「勝手口とパントリーと動線」を考慮した間取りを提案していただくことができ、見事に解決!!



さらにNさんの凄いところは、私たちの要望の全てを取り入れながら、「回廊型」で間取りを実現させているところなんです!!


前にも記事に書きましたが「「回廊型」は、あやゆる動線がとても合理的に計算されているな~」と感じさせられます。


さらに、その「回廊型」動線内に勝手口がうまく組み込まれているところ・・・


Nさん、さすがです!!



今まで多くの家の設計を手掛けてきた豊富な経験と実績に基づく引き出しの多さと、何よりも私のようにたくさんの要望を持った施主に対し、すばらしい提案力です!!




実際に住んでみて、事あるごとに「良かったな~」と実感できますね。



少しだけですが、勝手口とついでに周辺の動線を少し紹介したいと思います。


玄関側からの画像です。
勝手口ドアの右側にカップボードが少し見えていますがそこがキッチンになります。


キッチンすぐ近くなのでゴミ出しがとても楽です。
北向きになりますが採光もきちんと確保できています。



キッチン側からの画像です。


画像では勝手口は見えませんが、冷蔵庫、カップボードと続いて、その隣を右に曲がって勝手口になります。


今日も読んでくださりありがとうございました。


勝手口を設けるかどうかで考えたこと①


こんにちは nao2です。



今回は、勝手口を設けることについて、どう考えたのかについて書きたいと思います。



まず、間取り設計段階で妻からの要望で「できるなら勝手口がほしい」ということで、勝手口を設ける方向で考えることにしたんですよ。



もともと旧家には勝手口があり、そこからゴミや空きペットボトルなどを出し、ゴミ収集日まで外のゴミ箱でそれらを保管するという生活習慣があったからです。



もし勝手口がないとなると、玄関からゴミ出しをすること、ゴミ収集日までのゴミの保管を家の中でするということが、妻にとってはとても抵抗があったようです。




マンションなどにお住まいの方は基本的に勝手口がないので、一戸建てを建てる時には「勝手口は不要だ」と考える人も中にはおられるかもしれないですね。



それに、ゴミを家の中で保管することに抵抗があるなら、わざわざ勝手口を設けなくても掃きだし窓等の屋外にゴミ箱を設置して保管するなどの方法もありますよね。



とは言っても、外でゴミの保管は「玄関周りや外の道路から目立つ場所にゴミ箱は置きたくない!!」というのはありますが。



結局のところ、立地条件の中で家の間取りを決めるときに、生活習慣に照らし合わせたときに勝手口をどうするのか??ということになってくると思うんですよ。




私自身、勝手口については妻の考えに基本的には賛成だったんですが・・・




でも・・・


そもそものところで、妻とは少し違うところに考えがあって「勝手口と収納スペースの確保についてどのように折り合うのか」という考えもあったんです。



私にとって、勝手口を作ることで収納場所が必要以上に制限されてしまうことは容認できないことなんです。




家づくり時に「散らかった家には住みたくない!!」「収納計画が何よりも最優先!!」という強い決意があり「物の行き場がなく散らかった生活」というストレスから解放されたかったんです(笑)




少し長くなったので、次回に続きを書きたいと思います。



今日も読んでくださりありがとうございました。


お向かいの解体工事もやっと・・・

こんにちは nao2です。


先日の台風24号の接近とお向かいの解体工事の迫りくる危険問題の続きを書きたいと思います。




相手側に迫りくる危機を粘り強く訴え、できるだけの対処をお願いした結果・・・



台風前日の土曜日、朝から一日中雨が降っていたにもかかわらず、ほとんど休むことなく懸命に現場の廃材撤去作業をしていただきました。



昼過ぎに挨拶に行き、雨の中の作業にご苦労さまの意を込めて、温かいコーヒーと肉まんを差し入れをしました。



夕方には撤去作業もなんとか間に合ってほとんどきれいな状態になりました。




業者さんには、結果的にはこちらの意を十分に汲んでいただき対応を急いでいただいたことでとても感謝しています。



まぁ、とりあえず今はホッとしています(笑)



結果論にはなりますが・・・


今回の台風は、当初の予想進路よりも少し南にずれたことで、兵庫県南東部は台風進路の左側に位置することになりました。


そのおかげもあって、台風の影響をもろに受けずに済みました。



我が家だけではなくご近所さんなど周りを見る限り、目立った被害はなかったようです。




今回のことで改めて思ったこと


迫りくる危険があり、さらにあまり時間の猶予がない時、、、


そんな時に、相手方にこちらの思いや切実さを訴えなければならない時、、、




ふだんも色々な場面で顔がわからない(どんな人でどんな考えや価値観を持っているのか全然も見当つかない)相手と話をすることもあるのですが、、、


こういった状況の時は特に「伝え方って難しいな~」と改めて思いましたね!!





やっぱり大事な話をするときは実際に相手と顔を突き合わせて、お互いの表情や話しぶりや空気などいろいろな事を読んで感じ取りながら話し合うことが大事だな~とも改めて思いましたね。



今日も読んでくださりありがとうございました。


住環境が変わる??③

こんにちは nao2です。


前回は台風の記事が飛び込んだので、2つ前の記事の続きです。




向こう三軒のうち2軒の土地が更地になって、いろいろな事を考え想像したことなのですが・・・


まず、お向かいの土地が今後どうなるのかの情報が知りたいと思い、我が家の土地の取得と分筆にお世話になった不動産屋のNさんに連絡をしてリサーチしてみると・・・


売り土地の情報は今のところないとのこと。




正確な事を知りたければ役所で建築確認が上がっているか調べてみる方法もあるよ~とのこと。


「そこまでして調べるのもめんどくさいな~」
「結局知ったところで他人の土地なので自分では何ともならんことやし」



それで色々想像してみました


まず「200坪の土地なので、集合住宅的なものが建つのでは?」と考えたんです。
このサイズの土地だとちょっとした集合住宅は建てることはできそうです。



不動産屋のNさんも「これくらいの土地に集合住宅となると、分譲ではなく賃貸物件としてはあり得ますよね」とのこと。



でも、これくらいの規模の賃貸物件となると駅近の場所に集中するようで、我が家のように最寄りの駅からバスで10分くらいの場所ならその可能性は薄いかもと。。。



じゃあ、家が建つ??ということになるのですが、2軒続きで同じタイミングで解体したというのがすごく引っかかるんですよ。




ここからは私の想像ですが、、、


売り土地の情報が出ていないということは、どこかの業者が2軒分まとめて土地を取得したのだろうと想像しています。



そしてその業者はおそらく建売住宅を販売するのが濃厚ではないかなと想像しています。


200坪の土地ならおそらく4~5軒くらい家が建つんじゃないかなと思っています。




家を建てる時は、仮設の電気、水道、トイレなどを設置します。他にもコンテナーの廃材置き場なども設置しますよね。



これらは一か所で済むわけですし、他にも資材の仕入れやこれに伴う運搬などありとあらゆるものがまとめて効率的に行うことができます。



さらに、まとめて工事を行うことで工期も一定の短縮ができるはずで、そうなると人件費も削減されるはずです。



これらにより、業者にとって多くの利益をもたらすわけですから、2軒分の土地をまとめて取得することはとても合理的であり辻褄が合うなと考えたんです。




今回のことで考えたことと反省


これから土地の購入をお考えの方は「向こう三軒両隣」のことを少し念頭に置かれた方ががいいかもしれないですね。



比較的新しい家が建っているならその環境はずっと続きますが、特に築40年以上の家が建っている場合、近い将来に建て替えがある可能性は大です。



そして、建て替えにより一度家が建ってしまうと、この先何十年もその環境が確定するわけですから、家の建て方次第では採光や通風にも大きく影響するかもしれません。



我が家のように向かいの家がすでに空き家だったり等のような場合も含め、購入前には建て替えなどの変化がありそうなのか等の情報収集ができるならしておいた方がいいと思います。




もう一つ、こういったケースで家が建て替わると「どんな人が住むのかわからない」ということですよ。


この問題もけっこう大きかったりしますよね。



ご近所さんとは仲良くまでいかなくても、付かず離れずくらいの距離感は必要となってきます。



せっかく立地条件のいい家に住めたとしてもトラブルメーカーのご近所さんはやっぱり避けたいでものです。



我が家の場合、仮に4~5軒の家が建つとなると「どんな人が来るんだろう?」という不安要素も高まります。



それらの要素「全ては運任せ」なところがありますが、もし土地購入前に何か少しでも知っておくことができたら対処できる部分などがあるかもしれないですね。



今日も読んでくださりありがとうございました。