はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

階段下収納内の棚

こんにちは nao2です


みなさんは階段下のスペースってどのような活用をされていますか?



階段下がトイレという間取りだったり、収納だったり色々な活用をされていることと思いますが、我が家では階段下は案外重要なポジションになっています。



下の画像のように、我が家の階段はLDKの真ん中にあり、キッチンのエリアとリビングのエリアを分けるようなレイアウトになっています。


画像中央右側の白い扉が階段下収納です。
家づくり当初から、ここに何を収納するのか決めていました。


  • ペットボトルの箱買いのストック
  • 使用頻度の少ないポットや鍋などの調理器具
  • 充電式の掃除機(当初は自走式掃除機の設置を考えていましたが、結果的にコードレス掃除機になりましたが・・・)


充電式掃除機を収納庫内に収めるため、あらかじめコンセントを設置しました。
人が集まるリビング近くに掃除機があると、ちょっとしたときに手軽にサッと掃除ができてとても便利です。
また掃除機を使わないときは収納庫内に収まっていますので、リビング内もすっきりします。


暮らしてみて気付いたことなのですが、収納庫内から必要なペットボトルを取り出すとき、体を屈めてそこそこ重いペットボトルの箱を引き出して取るという一連の動きがが結構しづらいことに気づき、収納庫内を整理する棚がやはり必要だと考えました。



収納庫の中は、ふだん目に触れる場所でもないので、見栄えよりもコストを最優先と考え、自作をしてみました。



重たいペットボトルは横と縦において5箱置けるサイズの台車を作り、引き出しやすいように取手も付けました。


ペットボトルを5箱置けるサイズの台車にすると、掃除機の収納に干渉してしまうので、そこの部分だけ少しカットしてみました。


画像には映っていませんが収納庫の扉の開口部分には丁番が付いていて、その丁番と台車が干渉せずにまっすぐ台車が引き出せるよう桟木を添えています。


掃除機のホルダーは壁に穴をあけるのが嫌だったので、棚の枠組みの木を天井まで伸ばしてそこにビス留めをしてみました。


見た目はともかくとして、天井に勾配がある階段下収納庫にジャストサイズの棚って既製品では売っていないだけに、自分のイメージどおりの棚が入ると、とても整理がしやすくなりました。


壁に穴を開けるのは何となく嫌だったので、穴を開けずに作れたのもよかったです。


ちなみに材料費は1,000円くらいでできたのもよかったです!!



読んでいただきありがとうございました。

吹き抜けの明るさ

こんにちは  nao2です。


5月に入って、朝の陽ざしも強くなってきましたね。


我が家では、LDKには掃き出し窓が2か所あり、それぞれにシャッターが付いているのですが、夜になるとシャッターを閉めています。


今回は、ほんの数日前、朝起きてきた8時過ぎのリビングの様子を画像で紹介したいと思います。

正面の掃き出し窓ですが、ブラインドカーテンの奥はシャッターが閉まっています。


左のFIX窓はロールカーテンが閉まっています。


画像を撮影しているこの場所の後ろにはダイニングの掃き出し窓があるのですが、そこもシャッターが閉まっています。




吹き抜けのない家で、シャッターが全て閉まっていて、ロールカーテンがこの状態であったとしたら、部屋はおそらくかなり真っ暗になっていると思います。




頭上の吹き抜けはこのような状態です。


吹き抜けの効果がはっきりと感じ取れると思います。


どうでしょうか。。。ちょっとでも参考になればとー!!

気密テープについて思ったこと ~実際の現場で・・・~

こんにちは nao2です



前回の気密テープについて思ったことの続きを書きたいと思います。



前回に書いたとおり、気密テープについてメーカーによる特長を見る限り、季節の温度変化にも影響がなさそうだし、50年総統の使用に耐えるというこなら耐久性は気にすることもないかな?とも思います。



やっぱり私にとってはとても気になるところなので・・・


実際の施工をじっくり注意して見ていました!!




そこで思ったことは・・・


  • 気密テープは、テープの上から透湿防水シートと外壁が覆うので、テープの紫外線劣化については大丈夫そうだなと思った。


  • テープの縦貼りの箇所は、ほとんど全てが胴縁で上から押さえられた状態になっているのが確認できたので、そこの箇所は、仮に経年劣化したとしてもまず剥がれることはありえないだろうと思った。


  • 断熱材や柱のピッチなどの施工の寸法上、断熱材の継ぎ目をテープで施工するところの奥には柱がくるようになっているようなので、そこが隙間にはなりにくい構造なのかなと思った。


全くの素人見解なので、当てになるかわかりませんが・・・(笑)



一方で、例えばサッシまわりの施工などそれぞれの個所に応じて、テープを貼る順番や色々な手順があるらしく、外断熱の施工を熟知した大工さんがその手順どおり、それも丁寧にきちんと施工することでようやく気密性能が確保されるのだろうと思いました。




気密テープの劣化は、将来のC値の悪化に直結すると考えているのですが、数年後にC値を再測定して数値は把握できたとしても、実際にテープの劣化具合を見ない限りわからないことですが・・・





ただ、今一番印象に残っているのは気密測定、つまりC値計測の時、大工のYさんがとても緊張していたことです。


測定が終わって、この時点では「0.3」とわかった時、Yさんがホッした表情だったのを見て「やっぱり施工がとても大事だ!!」と改めて感じました。



気密測定のことはまだ続きがあるんですよ。
また書いてみたいと思います。



読んでいただきありがとうございました!!

気密テープについて思っていたこと ~建築前に・・・~

こんにちは nao2です



今回は、外断熱の気密性にはとても重要なアイテムである「気密テープ」について書いてみようと思います。


これから書くことは、あくまでも個人的に思ったり感じたりしたことなので、悪しからずご了承の上でということで・・・



我が家は外断熱なので、硬質ウレタンボードで家全体を全て外から覆っています。



外断熱は、一般的には断熱材ですっぽりと覆うことで気密性能がとても出しやすい工法だと言われているようです。



気密性が出しやすいって言うなら「じゃあ、断熱材の間の隙間の継ぎ目はどうなってるの?」と思いませんか?




建築中、私が見ていた限りの記憶では、気密性を出すための施工は、気密テープ、ウレタンスプレー、コーキングのいずれかで施工されていたように思います。



さらに断熱材の継ぎ目に関して言うなら、ほとんど全てと言ってもいいくらい
「気密テープ」を使っていたように見受けました。





じつは、建築前にずっと気になっていたことがあって・・・
そのことで私自身、気密テープにあまりいい印象はなく・・・


「みなさんは、何年も経って劣化したセロテープを触ったことありませんか??」

気密テープがいずれそうなるのでは?というイメージがなんとなく付きまとっていたのです。




そんなネガティブなイメージなので当然・・・



「断熱材をテープで貼り合わせるだけでほんとに大丈夫なん?何年も経ったら劣化して粘着力が弱くなって剥がれてこないか?」と・・・



外断熱工法で気密テープを使うことは確立した施工方法だと思うのですが、素人の私には個人的にはとても頼りなく思ったのです。



心配だったので、建築時に実際に手で触ってみたりもしましたが・・・

「こんなテープでほんまに大丈夫なん??」と、素人の私には何の変哲もない普通のテープという印象でした。




ちなみに我が家では、下の画像の「エースクロス011」というテープを使っています。

メーカーによるこのテープの特長とは・・・


  • トルエン・キシレン・可塑剤等を使用せず、環境に優しい。
  • 夏期・冬期及び粗面への強力な接着性。
  • 薄くて丈夫、重ね貼りもでき、手を汚さず優れた施工性。
  • 透湿シート・気密フィルム・断熱材にも強力に接着。
  • 永年の使用に耐えられます。(JIS A6930の試験で50年相当)


となっています!!



次回はこのテープを実際に施工している様子を見て、思ったことなどを書いてみたいと思います。


読んでいただきありがとうございました!!

外溝について考えたこと ~完成まで~

こんにちは nao2です


前回の続きです。



外溝業者さんに外溝のイメージを伝え続け、いろいろアドバイスもいただきながら検討してみると、いくつかの案に絞られてきていよいよ・・・



一番お金がかからず、そして一番シンプルなものに決めました。



「オープン外溝で1か所だけのアクセントをいれる」というところはこういう形で具現化されました!!


家側から見た門柱付近の画像です。
右に見えるのが門柱、ポストです。



我が家では、唯一ここだけがアクセントで、他は至ってシンプルなただのオープン外溝です!!



色々な画像や実際に他所のお家を見て「植栽のライトアップってめっちゃきれいに映えていい感じやな~!!」と思い採用しました。



「植木はやらない!!」と固く決意してのに・・・
結局はやっちゃいました~(笑)



これくらいのボリュームなら剪定も念入りにやったとしても10分程度でできそうなので、旧家に比べたら楽勝です!!





植栽全ては外溝業者さんのお薦めです。全て手入れが楽で、育てやすいものを選んでいただきました。



シンボルツリーは「常緑ヤマボウシ」で初夏に花が咲き、秋には紅葉し、冬は落葉ぜず葉を付けたままなので、年中楽しめる木だそうです。



下草は「ヒペリカムカリシナム」「クリスマスローズ」「ラベンダー」を植えています。どの季節にもどこかに花が咲くように考えて植えています。



それと、左側に見えるピンクの花が「紫陽花」です。
新築祝いにと職場の先輩にいただいた鉢植えを植え替えたものです。


表側からの画像です。



柱の隙間からライトアップされた植栽が見えるようにしてみました。
光と影を使ったコントラストがもともと私の好みなのでこんな感じでお願いしました。



ちなみに右側はサイクルポートです。



照明は、ホームセンターで照度センサー付きのコンセントを買ってきて繋いでいます。
暗くなった時だけ照明が勝手につくのでとても楽ですよ!!