はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

窓について考えたこと⑮~夏の窓周りの対策パターンについて(後編)~

こんにちは nao2です。


前回の続き、夏の窓周り対策パターンについて書きたいと思います。


在宅時パターン


土日や休日をはじめ、誰かが在宅しているときは採光を確保したいということで、温熱環境最優先ではないです。


左側の下のFIX窓のロールスクリーンは開けた状態。


右上の上のFIX窓の「リクシル製のスタイルシェード」は下ろした状態。
(画像は軒天が写って紛らわしいですが、スタイルシェードは完全に下ろしているんですよ。空が見える部分を見るとかすかにわかるかと)


右下の掃き出し窓はシャッターを開け、バーチカルブラインドはミラーレース状態になっています。



ダイニング側のシャッターも明けているので、部屋のどこに居てもとても明るい状態になります。


画像は昼頃に撮影したのですが、掃き出し窓とバルコニーには軒があるので、直射日光が入ってくることはないですね。


それと、2F吹き抜け窓の(この画像も軒天が写ってしまっていますが)スタイルシェードは採光をきっちり確保しながら役割を果たしてくれています。




ちなみに、前にも記事で書きましたが・・・


在宅時のエアコン稼働は、2Fホールエアコン(8畳用24時間稼働)は26℃設定に加えて、1Fリビング(14畳用)は26~27℃で稼働しています。


就寝時は1Fエアコンを切り、2F和室エアコン(10畳用)を26℃設定で稼働しています。


色々と試行錯誤を重ねた結果


あまり手間をかけることのない窓周りの対策パターンを見つけ、さらにエアコン稼働パターンを組み合わせることで、今のところはとても快適に暮らせています。



気になるエアコンの電気代については、複数のエアコンを組み合わせてもさほど高額にはならないと思われます。


これについては、8月のデータが揃ってからHEMSのデータを用いて記事にしようと思っています。



今日も読んでくださりありがとうございました。


窓について考えたこと⑭~夏の窓周りの対策パターンについて(中編)~

こんにちは nao2です。


前回の続きで、窓周りの具体的な対策パターンについて書きたいと思います。



前回に、採光と温熱環境のバランスを考えた窓周りの対策、さらにエアコンの稼働と連動させながらと書きましたが・・・


まず、家族のだれも居ないときに、わざわざ採光を重視した窓周りの対策を行う必要もないので・・・



平日は、私の妻も仕事へ出かけ子どもは学校へ行っているため、朝から夕方までは家は不在になる時 ⇒ 不在時パターン


逆に、土日や休日、お盆や正月、他にも子どもが試験中や夏休みなど家に誰かが居る時 ⇒ 在宅時パターン


と・・・2種類のパターンで対策をしています。



不在時パターン


我が家ではもともと、夜になるとシャッターやカーテン類は全て閉める習慣があったんですよ。


ということで、朝から夕方まで家族は不在となり、採光のことは考慮しなくてもいいということで、上の画像のとおりそのまま何も手を付けず出かけるんですよ。



そして夕方に帰宅後は、もともとこの状態で過ごしていたわけですから、さらにそのままの状態で過ごすということになります。


つまり、月曜日から金曜日まではずっとこの状態で放置するので、全く手間がかからないということになるんです。


不在時は温熱環境が最優先とし、室内に熱を入れないように、そして蓄熱させないようにすることで室温の上昇を防ぐとともに、帰宅後のエアコンを効率的に稼働させるためです。



ちなみに部屋の状況は・・・


左上の吹き抜けFIX窓は高い位置にあるため、カーテン類を付けることができなかったので、十分な採光を確保できますが、直射日光はそのまま入ってきてしまうという欠点があります。


この窓だけは仕方がないと割り切っています。



左下のロールカーテンは閉まっています。


右上の「リクシル製スタイルシェード」は下ろされていますが、採光はご覧のとおり申し分なく明るいです。


右下の掃き出し窓のバーチカルブラインドは閉じています。


バーチカルブラインドをちょっとだけ開けてみたのですが、屋外側のシャッターが下ろした状態になっているのが確認できます。


左のダイニング引き違い窓もカーテンが下ろされ、シャッターが閉じた状態になります。


簡単に言ってしまえば、、、
家族が不在時は、窓周りのものは全て閉じてしまうということです。



上の画像は・・・
照明は一切つけていませんがこれくらいの明るさです!!
十分に読書もできる明るさですよ!!


ただし、画像を撮影したダイニング側はやはり暗くなってしまいます。



吹き抜け効果はやはり絶大だと感じています!!



平日の不在時のエアコンは、この状態で2Fホールの8畳のみ26℃設定の稼働(24時間連続稼働)となっています。


夕方、かなりの猛暑で帰宅したときでも、1Fリビングの温度計はどんなに高くても28℃に届くか届かないか、2Fホールの温度計は26℃台なので、8畳用の低スペックのエアコンでも我が家ではこれだけの効果が得られます。


ちょっと長くなってので次回は、在宅時パターンについて書きたいと思います。



今日も読んでくださりありがとうございました。


窓について考えたこと⑬~夏の窓周りの対策パターンについて(前編)~

こんにちは nao2です。



暑い夏を快適に過ごすためにエアコンの稼働パターンについて記事に書きましたが



今回の記事は、エアコンの稼働パターンを模索している間、それに併行して窓周りの対策パターンも模索していたんですが、そのことについて書きたいと思います。



エアコンの稼働に合わせて窓周りの対策をきっちりと行うと、家の中の温熱環境における快適性は大きく変わってくると考えているのですが・・・


しかしながら、常時この対策をし続けるものでもないと考えています。




具体的にはシャッターやロールスクリーンなどの窓周りの対策を採光を犠牲にしてまで常時行うのではなく、必要に応じて採光と温熱環境のバランスを取りながらトータル的な快適性を目指すということです。



つまり、温熱環境が全て!!というのではなく・・・
温熱環境によって他の快適性の要素を犠牲にすることなくトータル的な快適性を実現したいと考えているからです。




ちょっと似たようなことで話がそれますが・・・


これは私自身の家づくりに関する考え方にも通じる話で「限られた予算だからこそ、温熱環境の事ばかりにお金をかけすぎることはせず、イニシャルコストが光熱費で元を取れないと考えたものにはお金をかけず、その分、家の快適性に重要である設備やデザイン、他にも家具や家電などにちょっとだけお金をかけて贅沢をしよう!!」


そしてもっと大きく捉えるなら「趣味や旅行など家以外のことにもちゃんとお金を回して・・・家のローンに縛られ過ぎるような人生は送りたくない!!」という考えです。



そこの部分で、我が家は窓については小林住宅標準「サーモスⅡーHアルゴンガス複合サッシ」をそのまま採用し、その代わりに温熱環境については、現状にある条件の範囲内で考えていこうと・・・!!


それもできるだけ手間がかからず、お金がかからない方法で夏の窓周の対策パターンについて次回に書きたいと思います。



今日も読んでくださりありがとうございました。


バーチカルブラインドで感じたこと

こんにちは nao2です。


いきなりなのですが、「バーチカルブラインドってなに?」って思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


私も同じで、この記事を書くにあたり、妻に「これって何ていうん?」って聞いて初めて名前を知ったんですよ(笑)


いわゆるよくある「顔は知ってんねんけど名前は出てけーへんわ!!」みたいな(笑)



こんなんです!!

完全に閉じた状態です。


近くから見たときです。


次に、ミラーカーテン生地の状態にしたときです。



近くから見たときです。


垂れ下がっている棒を左右にスライドして開閉もできます。
棒を回せば生地も動いて色々な角度にアジャストできます。



体感や感想などなど・・・


すごくおしゃれだからという理由で、妻が絶対にこれが欲しいということで、思い切って買ったんです。


ミラーカーテン生地にもなるんです。
もしかして外から中が見える??と思ったので、念のため実際に外から中を覗いてみましたが、外から室内は見えないです。


性能としては、生地は遮熱タイプになっています。


画像のように隙間ができてしまいますが、窓際に居ても暑い寒いは微妙に感じることはたまにあったとしても、特に気になるくらいまで感じることはないですね。



冬の昼間は、日差しが木漏れ日のように入ってきて心地いいですよ。



あ、いいことばかりではないんです!!


価格がカーテンよりも高くなってしまいます。

でも、遮光カーテンとレースのカーテンの2枚を買うことを思えばそんなに変わらないかもしれないです。



それと、私自身が感じている最大の欠点なのですが・・・


季節が良くなり窓を開けるようになって初めて気づいたのですが、風が吹くとパタパタと音がして揺れて、外から室内が見え隠れしてしまいます。


もうひとつ、夏場は扇風機の風が当たるとゆらゆら揺れてしまうので、扇風機の風の当て方には注意が必要ですね。


我が家のように換気システムを採用している家なら、あまり窓を開けることがないので問題はありませんが、窓の開け閉めを頻繁にしたいと思われている方はこのことを知った上で検討されてはいかがでしょうか。



今日も読んでくださりありがとうございました。


サイクルポートのサイズと実際について

こんにちは nao2です。



今回は外溝の話なのですが、サイクルポートのサイズと実際の様子について書いてみようと思います。


以前にカーポートのことで、想像していたサイズ感と実際の状況との間にギャップがあったという失敗談をお話ししたのですが・・・



やっぱり無理?カーポート ~前編~ - はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~


やっぱり無理?カーポート ~後編~ - はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~



なんと、サイクルポートについては「ばっちり大成功!!」だったんです。



どういうことかと言いますと・・・


我が家は自転車が4台あるんですよ。


当然、4台の自転車が雨に濡れないようにサイクルポートを設置することを考え、外溝のレイアウトを決める時に・・・4台用のサイクルポートではスペースに入らない?!!



じゃあ、3台用のサイクルポートなら何とか自転車4台が収まらないか???


メジャーを持ってきて色々測りながらイメージを繰り返し・・・


「何とかいけそうな感じちゃうかな?」


外溝業者さんも「人の感覚にもよるけどぎりぎりいけますよ~」とのこと。


少なくとも車の時よりは結構リアルにイメージできたので発注することに・・・



実際はこんなふうになりました。
娘が出かけているので画像では3台しか自転車はありませんが、普段は4台が収まっています。


ちなみに3台用のサイクルポートの幅は2100mmです。


感覚的には少し手狭な感じですが、3台用の2100mmの幅で4台がこんな感じで収まっています!!


今回のサイクルポート、、、まさにイメージどおりに収まってよかったな~と思っています。


もし、サイクルポートのサイズでお悩みの方がおられましたら、この画像を参考になさってください。



ちなみに右隣りが「もう植木は絶対にやらない!!」と固く誓ったにもかかわらずやってしまった、唯一の植木スペースです(笑)


玄関周りでワンポイントのアクセントになっています。




今日も読んでくださりありがとうございました。