はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

外壁について考えたこと ~タイル張りいいですよね~

こんにちは nao2です。


家づくりを始めたころから、「タイル張り」の家っていいな~と思っていたんです!!



それと言うのも、HM巡りで「一条工務店」「クレバリーホーム」を訪れたのがきっかけだったんですよ!!


どちらのHMも「タイル張り」の家をウリにしていますよね。


この両社を訪れて以来、すっかり「タイル張り」の家に取り憑かれてしまったんです(笑)



なんと言っても高級感があるし、家自体にも落ち着いた風格を感じるんですよ~


私の好みにはピッタリでした!!




しかし・・・


小林住宅の標準は「サイディング」だったのです。



標準が「サイディング」でも、どうにかして「タイル張り」の家を建てることを考えていたんですよ~




と考えながら、ふだん外にいる時は、よくキョロキョロとして色々な家の外壁を眺めたりしていましたね(笑)


まぁ、「タイル張り」は、将来的なメンテナンスの費用がさほどかからないという最大のメリットがある反面、イニシャルコストが多くかかってしまうので、そこのところをよ~く考えなくてはならないですよね。



あと、木造住宅との相性や外断熱との相性もよ~く考えて考えておく必要があると思っていました。



このあたりのことも含め、外壁について続きを書きたいと思います。



今日も読んでいただきありがとうございました。


地震です!!

こんにちは nao2です。


今朝の地震で被害状況が続々とニュースで流れてきています。


実は、私がブログを書き始めて、この記事がちょうど100回目になります。


節目の記事がこのような形になるとは・・・と思いながらこの記事を書いています。




私が住んでいる兵庫県南東部では震度5の地震がありましたが、今のところ我が家では被害が見当たりません。


震度5以上の地震では自動的にガスが止まるらしく、帰宅してみると我が家のガスはやっぱり止まっていました。ガスメーターの復旧ボタンで復旧も終えたところです。


今日一日で色々気付いたことや考えたことがありますので、また落ち着いたら今日のことはいろいろと記事にしたいと思います。





今後も余震や土砂崩れなど、まだまだ予断を許さない状況です。



地震発生後、2~3日はかなり強い余震も想定されますし、1週間程度は用心するようにと呼びかけられています。



そして今夜は雨が降るようですので、地滑りや土砂災害等にも十分にお気を付けください。



我が家のエネファームについて

こんにちは nao2です。



今回は我が家のエネファームについて書きたいと思います。


まず、エネファームの仕組みを簡単に説明しますと、都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで発電させ、さらに発電時に発生する排熱を有効利用してお湯をつくるという仕組みになっています。



エネファームには大きく2種類の方式(PEFCとSOFC)があり、我が家では最新型のアイシン精機のSOFC型エネファーム TypeSを設置しています。



これが我が家のエネファームです。




次に、特長を簡単に説明しますと、旧型と比べ、本体の大きさが約1/3、貯湯タンク容量が1/5になったことにより、設置面積が小さくなりました。
場所を取らなくなって事で、マンションなど省スペースにも設置が可能となり普及しやすくなったようです。



さらに発電効率が向上したため、年間発電量が1.6倍となり計算上約4200kWhが発電されることになるようです。



これは一般家庭(4人家族を想定)の使用電力量の8割を賄うことになるようです。



貯湯タンクが1/5になったのは、SOFCになり発電効率が上がった分、相対的に発熱量も下がったため、貯湯タンク容量も少なく(140L→28L)なったようです。




さて、私がエネファームを実際に導入にあたり一番関心があったのは「エネファーム自体が実際にどれくらい光熱費に寄与するのか?」っていうところだったんですよ!!


でもこれが・・・色々調べてみたもののよくわからないんですよ!!



つまり、例えば太陽光発電の場合、コスト0円の太陽光で発電するので「発電量=売電収益」ととてもわかりやすいですよね?


でも、エネファームの場合、発電量はHEMSでわかりますが、発電に要するガスのコストがいくらかかっているのか、発電による排熱が給湯に金額ベースでどれくらい寄与するのかについて、モデルや計算式のようなものがどこにも見あたらないんですよ。




想像なのですが、個別の条件等により幅があって算出するのは難しいのかもしれませんね。


「モデルケースのご家庭で、年間の光熱費が〇〇円削減できました~」みたいなデータやシュミレーションは所々で紹介されていますので、それで推測するしかないようです。



今の時点で、私のブログでは参考になれませんが、今後の我が家の光熱費の報告を見ていただき「太陽光発電とエネファームのダブル発電がどれだけ売電額に寄与しているか」を参考にしていただけたらと思っています!!




読んでいただきありがとうございました。


窓のレイアウトについて ~トイレ~

こんにちは nao2です。


今回は窓の性能性能ではなく、窓のレイアウトということで書きたいと思います。




画像は1Fトイレの窓です。



こんな感じです。
ちなみにこの画像は照明はつけておらず、自然光の明るさです。



建築前にトイレの窓で考えたこと

  • 我が家は換気システムが導入されているので窓の開閉は基本的に不要ではあるが、やっぱり何かの時には開放できるようにしておきたい。


  • 断熱性能や防犯上のことを考慮しつつ、採光のことも考えながら窓はできるだけ小さくする。


  • 同じく断熱性能や換気効率のことを考慮して、掃き出し窓は採用せず、縦滑り窓にする。


  • 人影が外に映らないようにできるだけ高い位置に付ける。しかし、窓の開閉に手が届く位置に留める。



  • 小さな窓にカーテンという発想は全くなかったので、外から見えないようにすりガラスにする。




住み始めてから現在までの感想としては


明るさの面では、昼間は照明をつけることもなく十分に明るいです。


私の目線から窓は少し見上げる位置にあるので、外から人影は確認できません



冬場、窓からの冷気で寒いと感じたことは一度もなかったです!!
私だけではなく、家族のだれも寒いと感じることもなかったです。




それなら思いきってFIXにしてしまうのもありなのかもしれませんよね。
でもエアコンが不要である今の季節に窓を開けることもあるので、このままで良かったと思っています。(笑)



今日も読んでいただきありがとうございました。


2018年6月分の光熱費

こんにちは nao2です。



6月分の電気料金とガス料金の通知が来ましたので、発表したいと思います。


売電は未だできていない状況での報告となります。



まずは、ガス料金



先月と比べて下がっています。


冬場とは違い、水温自体が上昇していることにより給湯効率が上がったためと思われます。


それともう一つ、我が家では今くらいの時期以降、風呂を沸かさずにシャワーで済ますことがだんだん多くなってくるので、それも影響していると考えられます。



次に、電気料金


電気料金は意外でした!!



我が家は、温度ストレスにはとても弱いので、全く我慢をしない生活を送るという方針です。


我慢をするなんて気持ちはさらさらありません(笑)


暑いと感じればすぐにエアコン!!寒いと感じればこれまたエアコン!!なんです(笑)


そういう訳ですから、この1か月間、暑いと思った時はちょくちょくエアコンを入れていたんですよ。



夏のエアコンの消費電力は、屋外との温度差の関係上、冬に比べて少なくなるとはいえ、それでもエアコンの使用頻度の割にはけっこう安いな~という印象です。





そろそろエアコンの本格稼働の時期が近づいてきました。
新居での初めての夏です。


光熱費がどのような推移を辿るのか楽しみです。




夏場の温熱環境対策について、これからいろいろと試行錯誤しながら、自分なりの工夫を記事にしていきたいと思っています。




今日も読んでくださりありがとうございました