はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

小林住宅の気密(C値)測定について

こんにちは nao2です。



今回は、建築中の時期まで戻りますが、気密測定について書きたいと思います。



小林住宅は外断熱をウリにするHMです。


外断熱=高気密・高断熱住宅をウリにしているわけですが、断熱性能については個人的には窓の性能がもう一歩足りないかな?と思っています。


しかし、気密性能については、あの一条工務店の基準レベルをはるかに超えるレベルに達しています。



気密性能を表す我が家のC値は0.27です。


これは、家中の全て隙間を寄せ集めても、ハガキの半分の大きさにもならない隙間というレベルです。




気密性能は、熱を外に逃がさないだけではなく、換気システムを正常に機能させるためにもとても重要です。


穴の開いたストローでは飲み物がうまく吸えないという理屈と同じで、気密性能が悪くなると換気による空気の巡りがうまくいかなくなるのでとても重要です。



これだけ重要な気密性能について


小林住宅では建築中に標準(追加費用なしで)で気密(C値)測定をします。



測定には、施主の私も立ち合い、測定業者さん、大工のYさん、営業のTさん、監督のSさんも立会いのもとで行われました。



気密測定は家の完成時ではなく、断熱材を全て貼り終わった時点で行います。
我が家はW断熱なので、外断熱の硬質ウレタンボードと内断熱の現場吹き付けの発泡ウレタンフォームを施工した時点で行うことになります。


わかりにくいですが、外断熱の硬質ウレタンボードが施工されています。


内断熱の現場吹き付けの発泡ウレタンフォームが施工されています。



本来は引き渡し時点で気密測定を行ってほしいところですが・・・


手直しが容易にできる石膏ボードやクロス・外壁がまだ施工されていない状態で行うんですよ。



我が家の場合、再施工することなく気密測定は一発でクリアできたんですが、大工のYさんの話によりますと「サッシ周りや家の形で凹凸が多い家は、断熱施工に結構手間がかかり難しい」と仰ってました。




外断熱は気密性能が出しやすいとはいえ、毎日のように建築現場で見ていて思ったことは・・・


高い気密性能を確保するためには、大工さんの力量と細かく気配りをした丁寧な施工がとても重要だな~と思いました。




今日も読んでくださりありがとうございました。


2018年10月分の光熱費

こんにちは nao2です。


ようやく秋本番という気候になってきましたね。


秋が深まってきたので、もうそろそろ台風も来ないような気もしています。



朝起きて、HEMSのスイッチを入れたらこんな表示が!!



一瞬「壊れた?!!」と思ったのですが、ちょっと嬉しい演出です(笑)


不覚にも機械からサプライズを受けるとは・・・


ありがとう!! 


って誰に言ってるねん(笑)



家の引き渡しは10月末だったのですが、おそらく工事中にHEMSを接続した日が1年前の今日だったんでしょうね。




さて、2018年10月分の光熱費を公開したいと思います。



この1か月は、エアコンについては暑いと感じたときに時々、間欠運転で稼働させたという感じです。




以前から記事に書いていますが、、、、


まだ売電が始まっていません!!


売電に関する住所変更の手続きがまだ終わっておらず、もうそろそろ6か月が経過しようとしているので、間もなく売電開始かと思っています。




この推移で冬のエアコン代のことも考慮すると、年間光熱費は13万円くらいになるかな~と予想しています。


もちろん、これから寒くなってもエアコンは一切ケチることなく、快適性を最優先にしてどんどん稼働させようと思っていますよ(笑)




我が家のスペックでこの光熱費は高いのか安いのかどうなんやろ??と思いますが・・・


他と比べてないのでわかりませんが、参考にしてもらえたらと(笑)


今日も読んでくださりありがとうございました。

浴室にスピーカーは最高!!

こんにちは nao2です。


我が家のキッチン、洗面所、バスルームを全てタカラの製品で統一しています。


なんと言ってもホーローのメンテナンス性に魅了されたからです。



実際に住み始めてからでも、やはりホーローは汚れやカビにとても強いな~とはっきりと実感できますね。



そしてホーローだからこそ追加して買い揃えたいと思ったアイテムが「どこでもスピーカー」なんです。

「どこでもスピーカー」は裏面が磁石になっており、浴室の壁に貼り付けてスピーカーとして使います。



ホーロー壁にスピーカーの音を共鳴させて、浴室の壁全体がスピーカーのようになるんです。

ホーローの強みを活かしたタカラならではの商品ですよね。



この商品については、タカラの開発部の人が浴室テレビが画面から音を出したときに、振動を壁に伝えて響きを良くしていた点に着目したことで開発を進めたらしいんです。




実際に音の体感をしてるからこそ言えるのですが、、、


目の付け所が素晴らしく、そして結構いい音がするんですよ!!



言葉では上手く言い表せることができませんが、「どこでもスピーカー」を浴室の壁に貼り付けた瞬間・・・



「音の響きとか奥行きみたいなのが全く違う!!」というのがはっきり感じ取れますよ。



場所を選ばず、ホーローの壁ならどこでもスピーカーに早変わりです。

スマホ以外からもBluetoothを使って接続が可能です。


ちなみに価格も2万円ちょいでこの音質と利便性


我が家ではとくに娘たちが大喜びで、買って良かったな~と思っています!!



最後に・・・


我が家で「どこでもスピーカー」の問題点が一つだけあるんですよ。



二人の娘がそれぞれ、毎日浴室に持ち込んで使うので、ついつい長風呂になってしまうらしく、入浴待ちの渋滞が起きてしまうことですね(笑)



私ですか?


私は休日の朝風呂に入って、たま~に昭和の懐メロを楽しむくらいです。



今日も読んでくださりありがとうございました。


小林住宅の家づくりで関わる多くの社員さん

こんにちは nao2です。



小林住宅では、部門ごとそれぞれに、専門の担当の方と関わりながら家づくりを進めていきます。



HMの中には、タマホームなどのように、設計やICなど全てを営業マンが担ってしまうスタイルもあります。



そのスタイルのとても不安なところ、、、


展示場を初めて訪問して最初に応対した人が営業担当に決まるという


業界では普通と言わんばかりの独特のルール・・・


一人の営業マンがどのレベルまでオールラウンドプレーヤー的な役割を担ってもらえるのかという不安があると思ったんです。



人には得手不得手があるはずで、経験だけではどうしてもカバーできないセンスや創造力など、どうしてもそれ専門の人と比べると提案力に差が出てしまう傾向があるな~と思うんです。



これは私自身がHM巡りで某HMを訪問したときに感じたのですが、やっぱり一人で何もかもやっている営業マンと話をしていると、質問に対する回答の部分であったり提案してくる図面であったり、広く浅くという感じが見えてしまったんです。



全てを一人の営業マンで担うのは人件費面(価格面)としてはメリットはありますが、提案力においてはどうしても専門的な人と比べるとデメリットになってしまうと感じたんです。




人それぞれの考えがありますし、予算を極限まで切り詰めたい人なら一人の営業マンというスタイルで家づくりを進めていくのもいいと思います。


私自身の考えとしては、はじめての家づくりでわからないことだらけということもあるので、やっぱりその道に明るい専門の人に対応してもらえる方が安心感はあるな~と思いましたね。




小林住宅では、担当してくださった営業のTさん、後任の営業のSさん、設計のNさん、ICのKさん、監督のSさん、融資担当のTさん、と多くの方々と関わりながら家づくりを進めてきました。


たくさんの社員さんと関わりながら、それぞれの専門性を活かしたアドバイスや助言をいただきながら家づくりを進めることができたのはとてもよかったです。




それぞれの担当の皆さんは、とてもよく勉強されておられますし「やっぱり専門家だな~」と感心させられることが多くありました。




そう思うと、担当する営業マンも大事ですが、会社全体として施主と向き合う姿勢や体制もとても大事だな~と思います。




もちろん、家を建てた後のアフターの在り方もとても重要だと思っています!!




HMがどこまで自社が建てた家に向き合い、施主に向き合うかがHM選びで重要だと今だからこそ思いますね!!




それと、話は少し変わり冒頭の話の続きですが・・・


これは小林住宅に限らず、業界特有の商談の進め方や商慣習などで大きな違和感を感じることも多かったのですが、、、



例えば、展示場に初めて訪問したときの担当営業マンの決まり方・・・


会社として営業マンに、機会を均等に与えるためとはいえ、こちらとしては一生ものの大きな買い物をするのだから


「運任せ的な営業マンの決まり方はもう少し何とかならへんのかな~」と強く思いますね!!



これってみなさんはどう思いますか??



今日も読んでくださりありがとうございました。

我が家の換気システム「澄家」のランニングコスト②

こんにちは nao2です。


前回の続きで「澄家DC-S」のランニングコストについて書きたいと思います。


「澄家DC-S」は電気代の他にフィルターなどの消耗品代がかかります。



↑ マーベックス社から郵送されたオーダー用紙です。↑



この中から我が家に関係する消耗品はというと・・・



①上から3番目の「PM2.5フィルターΣ50防虫ネットセット」 5,000円


屋外にある給気口のフィルターです。
これは1~2年の交換が目安となっています。
我が家で使っている感じでは2年毎の交換で十分だと思っています。


⇒換算すると我が家の場合 2,500円/年 となります。




②上から7番目の「アレルゲン排気フィルター」3,000円(20枚入り)


屋内8か所にある排気口のフィルターです。
れは半年~1年毎の交換が目安となっています。
我が家で使っている感じでは半年毎の交換がいいと思っています。



⇒換算すると我が家の場合 2,400円/年 となります。




③上から10番目の「熱交換素子DC」13,000円


「澄家DC-S」本体にあるものです。
これは型崩れや目詰まりがあった時に交換します。
交換目安は定められていないので仮に3年毎と設定して


⇒4,400円/年 となります。



①~③を合計すると・・・



我が家の場合、消耗品代は9,300円になります。


電気代が月額900円として年間電気代が10,800円なので




我が家の「澄家DC-S」のランニングコストは電気代も何もかもすべて含めて



年間で約20,000円


月に換算して「澄家DC-S」の一切合切のトータルコストは月額約1,700円となります。



こうやって改めて計算してみると「びっくりするほどお金はかからへんな~」というのが私の感想です。


「澄家」の性能によって受けている恩恵を考えると納得していますね!!



今日も読んでくださりありがとうございました。