はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

発泡ウレタンのビフォーアフター

こんにちは nao2です


小林住宅の我が家はW断熱の充填断熱、いわゆる内側の断熱はクラボウの「ソフティーセルワン」という発泡硬質ウレタンフォームを施工しています。


簡単に言うと吹き付けた液体が泡で100倍に膨張する断熱材のことです。



この手の断熱材で最大のメリットは、現場に合わせて断熱材を吹き付けるので細かなところでも隙間が生じにくくなり、気密性が格段に向上すると言われています。



ということは断熱材自体の性能も大事なのですが、「施工する人の腕前にかかってるんちゃうの?」と思いましたので、施工日の朝一に建築現場へと向かいました~!!



現場にはすでに3~4人くらいの方がすでに準備をしているところで、一人一人にくれぐれもよろしくお願いします!!と最大のプレッシャーをかけてお願いをして回りました(笑)



では早速画像でご紹介しますね


上の2枚は吹き付け前の様子です。


ちなみに、白いシールが見える全ての管柱は、先日ご紹介した「コアドライ」です。


では吹き付け後です。どうぞ~

図面によりますと壁が750mm、天井が800mm なのですが、かなり厚めに施工してくださっているように見えます。


実際どれくらいの厚みなんだろう???・・・・




施工後をくまなく見て感じたことは・・・ところどころ自分が思っていたよりも厚みにムラがあるなと感じました。



きっちりと厚みがあるのかを確認するために、プラスチックのピンを刺して確認します。75mmのピンが全て刺されば厚みが確保できていることが確認できるわけです。

ムラが気になるところは発泡ウレタンスプレー缶で補充していました。
このスプレー缶はソフティセルワンとは違う素材のものでした。



あ、臭いの事なのですが・・・臭いは無臭ではなく独特の臭いがします
現在の生活で検証してみると、屋根裏点検口を開けると臭いが残っていますが、それ以外の日常生活では全く感じることはありません。



実際の施工をじっくりと見た印象としては、躯体と断熱材がぎっちりとくっついているのが確認できたのでそうそう簡単には剥離して隙間にはなりにくいのかな?と思いました。


しかし、これが木が収縮したり地震などで動いたり、また経年劣化でどうなるのかはやっぱり想像することができませんでした。



読んでくださりありがとうございました。



2018年4月分の光熱費の旧家との比較

こんにちは nao2です。



今回は、旧家と新居の光熱費を比較して報告したいと思います。


本来なら既に売電が始まっているはずなのですが・・・



詳しくは上記の回のブログで書いたとおり、未だ売電できずにいます!!



売電が開始したら、旧家との対比をご紹介しようと思っていたのですが・・・
とりあえず当面は、売電がない状態で報告したいと思います。



光熱費は、旧家と比べ約半額になりました。


予想どおり、エネファームの効果で電気料金が大幅に削減できています。


なかなか順調な滑り出しです!!



一日も早く、売電額の数字を打ち込みたいです~(笑)



発泡ウレタンで考えたこと

こんにちは nao2です


今回は小林住宅のW断熱の内側の断熱材について書きたいと思います。


我が家のW断熱の充填断熱、いわゆる内側の断熱はクラボウの「ソフティセルワン」という発泡硬質ウレタンフォームを施工しています。


簡単に言うと吹き付けた液体が泡となり、100倍に膨張して固まる断熱材です。



ちなみにこんなんです~


「ソフティセルワン」は連続気泡の硬質ウレタンに属しているのですが、私はもっと断熱性能を上げたいと思い断熱材をいろいろ検討していたのです。


  • まず断熱材自体の厚みを増やすことを考えました。在来工法の柱の寸法の関係で増やすことは難しいという結果になり断念


  • 独立気泡の硬質ウレタンに変更し、断熱性能を上げようと思ったのですが30万円くらいアップするとのことで断念


  • 軟質ウレタンの「アイシネン」に変更を検討。気密性能の劣化に強く、施工も専門の人が行い保証付き。しかし費用が倍くらいかかってしまうとのことで断念。




実は・・・この中で私の大本命は「アイシネン」だったのです。


なぜかというと、この手の断熱材の最大の特徴は、現場吹付により細部まで隙間なく断熱材が埋め尽くされることによってはじめて性能が発揮されます。


アイシネンの施工は、高度な知識と技術を習得した認定技術者が施工することになっています。
これが大本命の最大の理由で、ここがとても重要なポイントだと思っています。




そこで私が、もうひとつ重要だと考えるのが経年劣化のことなんです。
せっかくの吹き付け断熱の特長をいつまでも活かしたいじゃないですか!!



あくまで私の考えですが・・・気密性の劣化のことを考えると「アイシネン」はとてもいいな~と思ったのです。




木造住宅の場合、家が完成した後でも躯体は木の収縮などで動くと言われています。地震が起きたときはなおさらです。



アイシネンは軟質ウレタンなので躯体に追随しやすく、これが気密性能の劣化を防いでくれること、断熱材自体も収縮等の劣化も少ないとされているようで、私にとってはとても魅力的な断熱材だと思っていました。



最終的には全体の費用と優先順位とのバランスを考え断念しました・・・



ちなみに営業マンのTさんは「アイシネン」のことは費用対効果などの面であまりいいようには言っていませんでした。



人それぞれ、見かたや考え方の違いなのかもしれませんね(笑)




防蟻対策 現場でのエコボロンについて

こんにちは nao2です



今回は防蟻対策について書きたいともいます。
以前にお話しましたが小林住宅ではタームガードシステムが標準となっています。



私はとても慎重な性格ですので、外断熱の家の防蟻については何重も施しておく必要があると考えています。



そこで、追加で行った対策の一つが「エコボロン」の塗布です。



「エコボロン」の効果は半永久とされているようですので、一度塗布すれば壁の中や土台など手の施せない場所に再処理をしなくても済みます。


また、成分はホウ酸塩のため、人体に影響がないとされているようですので安心感もあります。


デメリットとしては、水に濡れてしまうと効力がなくなるようですので注意が必要なのと、決められた手順で木部の継ぎ目の隙間などの細部まできちんと施工をしないと、隙間からシロアリの食害に遭う可能性があるそうですので、塗布に関しては熟知した人が行うべきだと思われます。



私は建築工事中、ほとんど毎日通いつめていたのですが、残念ながら「エコボロン」の塗布に立ち会うことはできませんでした。



しかしある日、こんなシールが貼られていました。

みなさん、パッと見て何に見えますか?



私はこれをこれを見た瞬間「なにこれ??なんかの魔よけ!!?」って思いました。


じっくり見るとどうやら「エコボロン」の処理済みの目印のようです。
しかも、シールを見ると消毒専門の業者さんが行ったと思われます。



処理後の木の臭いを嗅いでみましたが全くの無臭でした
手で触ってみても施工前と全く変わらない手触りでした。



私がここで言いたいことは、大工さんが施工したのではなく、専門の業者の方が施工されたことに意味があることだと思っています。



よくよく考えてみるとシール・・・シロアリという魔物の魔除けなのかもしれないですね(笑)



読んでいただきありがとうございました。

我が家の太陽光パネルについて

こんにちは nao2です



我が家はZEH住宅なので、太陽光発電とエネファームを設置しています。




本来なら太陽光発電オンリーのほうがイニシャルコストも安くコスパもいいのですが、我が家の場合、ZEH認定を確実に取るためには、北側斜線の関係で予定容量がわずかに足りず、エネファームを導入してW発電になったという経緯なんですよ。



W発電のことについて書きたいことはたくさんあるのですが、今日のところは太陽光パネルのご紹介をしたいと思います。



画像のように我が家では京セラ製4.3KWのパネルを搭載しています。
エネファームが0.7KWなので合計5KWのZEH認定住宅ということになります。




前にもお話したように太陽光パネルを載せることを考え、屋根は超軽量と言われている「ガルバリウム」を屋根材として採用しました。




「ガルバリウム」の弱点と言われている遮熱については、屋根の下にある外断熱の断熱材とさらにその下にある吹き付け断熱のW断熱、それと太陽光パネル自体が屋根を覆うことの遮熱効果(どれくらい効果があるかわかりませんが・・・)に期待したいと思っています。



このあたりのことは、まだ夏を過ごしていないので何とも言えませんが、夏を体感してからどこかで報告したいと思います。





あと、私が太陽光パネルで一番不安に思っていることがあります。
それは太陽光パネルの設置による雨漏りのリスクのことです。



このことはずっと気になっていました。
「キャッチ工法」など穴をあけない方法を考えたのですが、かなり費用もアップするとのことであきらめました。



屋根に穴を開けても、きっちりコーキング等の処理をすれば大丈夫だとも言われているようですので、ここは設置業者さんを信用するしかありません。



それと営業のTさんが言ってたのですが「仮に屋根から水が漏れたとしても、小林住宅は外断熱だから漏れた水は断熱材の上を滑り落ちて外へ出ていきますよ」と・・・



「そんなうまい話になるんかいなー!!??」と聞きながら思っていたのですが・・・



その後の実際の工事の様子を見ていると、確かに屋根に開けた穴は屋根の断熱材には達していないようです。


それと、断熱材は表面はアルミのコーティングがされていて、さらに断熱材自体は硬質ウレタンで、いわゆる発泡スチロールのような素材なので水を弾きそうです。




絶対に大丈夫とは言えないにしても、家の中まで雨漏りするようなことは普通の家と比べたら可能性は極めて低いのかもと考えています。



もし、この話が本当で雨漏りのリスクから解放されるのなら、太陽光発電を導入しているしていない関係なく、外断熱のありがたいメリットですよね!!



読んでくださりありがとうございました。