はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

地震後の簡単な自己点検

こんにちは nao2です。



今回の地震のあと、まず私が行った自己点検について書きたいと思います。


まぁ、自己点検と言っても自分ができることは知れているのですが・・・(笑)




まず、外壁や基礎、窓やサッシ、クロスなど目で見えるありとあらゆるものについて、ふだんと比べて異常はないか、窓やドアの開閉動作に異常はないか、床下を開けて基礎内や配管から水漏れはないかを目視でくまなくチェック!!


次に、嗅覚を研ぎ澄まして屋内外や床下の基礎内にガス漏れはないかをチェック!!



簡単ではありますが、これらの点検はしてみましたところ、特に異常は見当たりませんでした。




しかし、まだまだ安心できません!!
これとは別に一番気がかりなことがあるんです・・・



それは地震が「気密断熱性に影響を及ぼしているのかどうか」なんです!!


地震により断熱材がズレていたり、発泡吹き付け断熱材が躯体に追従できなくなって躯体から剥離している可能性も否定できないですよね。


もしそんなことになれば、気密性や断熱性は失われることになり、さらに気密性能に連動している換気システムも正常に働かなくなってしまうという恐れがあるので、とても重要なことなんです!!


でも・・・こればかりは壁の中や屋根裏の見えないところを点検するなんてことはできないですよね~



どうしてもはっきりと確認する一番確実な方法は「気密検査」しかないです!!



しかし、気密検査はとても高額で5万円くらいかかり、さすがにそこまでする必要性があるのか?・・・と考えたんです。




いろいろ考えた挙句・・・
思いついたことは・・・


まずは、吹き付け断熱の事ですが、ロフトに上がり屋根裏点検口から、ごく一部分ですが吹き付け断熱の施工部分を目視で確認しようと。


目視できる部分を確認して異常がなければ、推して知るべしと考えたんです。


つまり、目視できるところが全く異常がないなら、おそらく見えない他の箇所も大丈夫だろうと。


躯体と吹き付け断熱材の癒着部分の剥離や変形等もなく、全く異常は認められずということで一安心!!



次に外断熱材です。


こればかりは壁の中を割って見るわけにもいかず、どうしようも確認の方法はありません!! 完全にお手上げです(笑)




でも、外断熱材を直接見ることはできませんが、確認する方法が一つだけあります。


ずばり、これです!!


我が家のレンジフード換気は、同時給排気型換気なんです。
しかも我が家のレンジフードは、給気量と排気量のバランスが少し悪く、排気量の方少しが多いんですよ(笑)


つまり、ふだんレンジフードを作動させていると、居室内の気圧がどんどん下がり、内外の気圧差が広がることで玄関のドアが重くて開けにくくなるんですよ。


これは気密性が高い家だからこそ起こる現象なんです!!



これを利用して確かめようと・・・


レンジフードを最強にして10秒くらい待って、玄関に向かい、いざ・・・


「お~!!重いやん!!」


とりあえず、以前と変わらずドアは重くて開けにくい状態だと確認!!。。。


C値を知ることはできませんが、なんとか気密性は保たれていることが確認でき、ホッと一安心です!!




今日も読んでくださりありがとうございました。

地震から1週間

こんにちは nao2です。


大阪北部を襲った地震から1週間が経ちました。


ガスや水道などのライフラインや主要な鉄道網は復旧したようですが・・・


住宅被害は約7,000軒確認され、お亡くなりになられた方5人、けがをされた方は400人以上とまだまだ復旧には長い道のりを感じます。


一刻も早く平穏な生活に戻られますことを願っています。





兵庫県南東部の我が家は、地震の被害はなかったのですが、ガスは止まりました。


震度5の地震がくると、ガスが自動的に遮断する仕組みになっているようなので、我が家はけっこう大きな地震に揺らされていたことになります。



今回の地震で、ガスメーターでのガスの復旧を初めて試みました。
「ちょっとややこしいんちゃうの?」と思っていましたが、とても簡単だということに気づきました。


おそらく新しい家だとガスメーターに札のようなものが掛かっていると思いますので、それを見るととても分かりやすく手順が書かれていますので簡単に復旧できますよ。


まずはみなさんのお家にそういった手順が明記されているか、平時のうちに確認されてみてはいかがでしょうか。




もう一つ気付いたことがあります。
それはカップボードについてです。



我が家のカップボードは地震で揺れると、「耐震ラッチ」という機能がついていて、中身の食器が落ちてこないよう、扉が自動的にロックがかかる仕組みになっています。


そのおかげで、地震で食器が散乱して割れたということはなかったのですが・・・


しかしその後・・・


食事の準備で食器を取ろうと扉を開けた瞬間、グラスが落ちてきて割ってしまったんですよ!!


みなさん、地震の後に食器棚を開ける時は食器が落ちてくるかもしれないので、十分に気を付けてください!!



今日も読んでくださりありがとうございました。


窓について考えたこと⑦ ~2Fの日射対策~

こんにちは nao2です。


今回は前回に引き続き、2Fの日射遮蔽として、軒の様子について書きたいと思います。



我が家は、2Fの軒についてはインナーバルコニーにし、さらに吹き抜け窓を含めて全ての開口部をインナーバルコニー内に取り込んでもらうよう設計士さんにお願いをしたんです!!



以前にもブログで書きましたが、このようにしたのにはもう一つの理由があり、汚れやすい窓の外側の掃除が簡単にしたかったためでもあり、特に吹き抜けの窓の外側のメンテナンスのことはとても気にかけていたからなんですよ!!


すみません。良さそうな画像がなく、工事中の画像でお許しください。


画像のとおり、奥の吹き抜け窓、手前のバルコニー出入り扉、そしてここには写っていませんが、ちょうど画像を撮影した場所の左側にも縦滑り窓があり、全ての開口部がインナーバルコニー内に収まった形になっています。



実はこのことで一つだけお伝えしたいことがあるんです。


「インナーバルコニーは屋根が付いているとみなされ、固定資産税算定の対象とされてしまう」ということです。


カーポートやサイクルポートも同じ類ですよね。




前回と今回のブログで、我が家の「窓の性能不足」を補うために行った工夫の一例ついて書いたのですが、我が家で実際にどれくらいの効果があるかをあえて数字で表すとしたら、窓やサッシの温度測定や光熱費で公表していくことだと考えています。


この他にも、前にも紹介した窓の大きさや、他にもまだ紹介しきれていない工夫の全てを含めて、トータルとしてどこまで性能差を縮めることができるのか、それともできないのかを記事にしていきたいと考えています。




家づくりを始めた頃から、高気密高断熱の高性能をウリにしている一条工務店の色々な家を時々興味深く見ています。(一条工務店の家は一目でわかりやすいので)


一条工務店の家はホント高性能ですよね!!
窓はオール樹脂でクリプトンガスのトリプルサッシ。ほんとに素晴らしいです!!



でも、窓が日射に晒されているお家をけっこうたくさん見かけるんですよ・・・
せっかく高性能な家を建てているのにもったいないな~って思うんです。



「高性能な家だから、軒なんか必要ないんかな?」なんて逆説的な想像をしたりもするのですが・・・(笑)




いかに高性能な窓といえども、壁の断熱性能と比べたら約3分の1程度の断熱性能しかありません。


私が想像するのは「冬場はまだいいとしても、なんぼ高性能の窓といっても夏場の直射日光が当たる窓はそれなりに暑くなるんちゃうの?」と考えてしまうんです!!




実際のところどうなんでしょうね(笑)
単純に窓だけで比較できるものでもないので難しいですが、とても興味があります(笑)


機会があればどなたかそのあたりのお話を聞いてみたいです!!




読んでくださりありがとうございました。


窓について考えたこと⑥ ~1Fの日射対策~

こんにちは nao2です。



少し前の回のブログで・・・




日射角度が時期のよってどれくらい違ってくるのかを、室内側の様子について実際の画像で確認していただけたと思います。



いかに高性能の窓でも夏はきっちり日射遮蔽をしないと、断熱性能が高いことがかえって災いし、熱が室内にこもってしまいます。
そしてそのことが光熱費にも余分に跳ね返ってしまうということになります。



逆に、冬場は日射を積極的に取得することで、光熱費の節減に大きく寄与することになります。



私が家は予算の関係上、窓の性能を上げることができなかった分、それを少しでもカバーするためにこのことを最大限に利用しようと考えたわけです!!



では、今回は屋外側の様子について、実際の画像でご紹介したいと思います。


家の全貌をご紹介できず、パーツの画像になり申し訳ありません。


我が家の南側の1F部分の画像です。


2枚に分けてご紹介します。
南側の開口部は、玄関左側のFIX、玄関、それと右側の掃き出し窓です。



我が家の軒は、2Fの部屋の持ち出しと2Fバルコニーの持ち出しによって形作られています。


南側は全面にわたって軒が付くように設計してもらったんです!!



下の画像は上の画像の掃き出し窓の続き部分です。




上の画像は5月中旬の正午過ぎの画像です。



しっかりと日射遮蔽ができているのが確認できますね!!



しっかりと窓の性能不足を補っていると言えませんか?



このあたりの実際の効果は、これからの夏の季節の光熱費で検証したいと思っています。




下の画像は11月下旬です。
に冬場になると、やわらかい日差しが部屋の奥まで差し込んできます。
日射によって部屋を暖められますし、木漏れ日のような部屋の雰囲気もとても心地いいです!!


ちなみに冬場の光熱費も特に節約を意識することも我慢も全くすることもなく、ピーク月でも18,000円くらいだったと記憶しています。



次回は2Fの軒の様子について書きたいと思います。



読んでくださりありがとうございました。


外壁について考えたこと ~タイル張りかサイディングか~

こんにちは nao2です。



前の記事で外壁について書いたのですが、その続きを書きたいと思います。



タイル張りとサイディングとどちらを選択するか・・・・
個人的にはメンテナンス性と外観でタイル張りが好みなのですが・・・




どちらかを決めるにあたり、ポイントを整理してみました。


まずはお金。。。


小林住宅では標準はサイディングなのでアップ料金はなし。
タイル貼りならおそらく100万円以上の追加費用は発生するだろう
と思いました。




次に、メンテナンス性。。。


サイディングは15年くらいで目地のコーキングなどのメンテナンスが必要になるようです。


一方、タイル張りについてもメンテナンスフリーっていうことも聞きますが、どうやら全く不要っていうわけでもないようです。



メンテナンスのサイクルがサイディングよりは長く、費用もサイディングよりは安く済むそうなので、イニシャルコストとメンテナンスコストを合わせて、さらに木造住宅の寿命を考慮して比較すると同等くらいか、もしくはさらに長く住めば住むほどタイル張りの方が有利となることもあるようです。




さらに気になったのは重さ。。。


やはりタイルはサイディングよりも重量があるということです。モノにもよると思いますが、だいたいサイディングの重さの倍近くにもなるようです。



これは、木造住宅にタイル張りの相性はどうなの?ということにもなるのですが、構造計算をして建築しているのなら問題はないとも言えます。
しかし、私はもともと慎重派ですので、できるだけリスクは取りたくないと思ったんです。



それともう一つ私が心配したのは、外断熱施工とタイル張りの相性だったんです。



外断熱は特殊な釘で胴縁と断熱材を貫通して躯体に打ち付けているのですが、素人目でみても外壁の荷重が釘にかかっているのがわかります。



地震の時はもちろんのこと、平時においても外壁の荷重が釘や躯体に常にかかっていることで、地震や経年による変化などで断熱材がズレて、気密性が損なわれるということは高気密高断熱住宅では致命傷です!!




最終的にはやっぱりサイディングに・・・!!


我が家のC値は0.27です。


これだけの高性能な数値が出せるのも、外断熱工法によるところが大きいわけですから、その性能を脅かす要因、つまり外壁による荷重負担はできるだけ軽減しておきたいと思うわけです。



これらのことから、タイル張りのメンテナンス性や外観にとても魅力を感じていたのですが、多額の費用追加と気密性劣化のリスクのことを考え、サイディングという無難な選択となりました。



またの機会に、我が家が採用した外壁について書きたいと思います。




今日も読んでくださりありがとうございました。