はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

窓について考えたこと⑨ ~窓の大きさ~

こんにちは nao2です。



今回は窓について考えたことで続きを書きたいと思います。




窓やサッシ以外の他の要素を抜きにして、純粋に開口部の断熱性能を上げる方法を考えてみました。



私なりに思いあたるのは・・・


・窓やサッシをスペックの高いトリプル樹脂サッシにする


・窓の面積をできるだけ小さくする


・窓の方角を考慮する


・窓の種類を考慮する


窓やサッシそのものだけで考えるならこれくらいじゃないかな~~?



我が家では、予算の事やコスパの関係で高性能のサッシはあきらめ、「窓の面積をできるだけ小さくする」「窓の方角を考慮する」「窓の種類を考慮する」の部分についてはお金をかけずにできることなので、その方向でいろいろと検討することにしたんです。



そこで今回は「窓の大きさと方角」について書きたいと思います。




まず最初に考えたことは「窓の大きさと採光のバランス」です。


断熱性能のことを中心に考えるなら、基本的には必要以上に大きすぎる窓はつけない方がいいと思っています。


かと言っても、採光のことを考えると小さすぎるのもいけないと思うので、そこのバランスをよく考えないといけないな~と思います。




それと、以前に記事にしましたが、個人的には「北側に窓は不要」だと思っています。



逆に日が当たる南側は「日射取得」を期待して、大きな窓を付けることを考えてもいいのかなと思ったんです。


断熱性能に少し劣る窓であっても、それ以上に日射取得が期待できるのなら光熱費の削減に大きく寄与し、トータル的にはプラスになると考えたからです。




さらに今になって言えることなのですが、新居の生活が始まってから体感できたことがあるんです。



それは・・・冬場に部屋の中に差し込むフローリングに何度か手を添えてみたんです。
「暖かい!!」と・・・たぶん誰でもはっきりと感じ取ることができます。



「日射取得」は自分が想像していた以上に効果があると体感したんです!!




しかし、「日射取得」は同時に夏場の「日射遮蔽」のことも十分に考えておかなければならないとも思っています。



このことは前にも記事にしたのでここでは割愛しますが、まだ他にも対策をしていますのでまた記事にしたいと思います。




我が家では日射取得を想定して、南側には大きい窓を複数個所採用をしました。


ちなみに、我が家の方角別の窓の面積の割合ですが、窓の面積はトータルで19.1㎡で、施工床面積は40坪、延床面積は31坪くらいです。


窓面積19.1㎡は一般的な家と比べるとけっこう少ないのではないでしょうか?



さらに我が家の方角別の窓の面積の割合は・・・


南    53.0%
東と西       41.5%
北      5.5%


となっています。



南側一方向だけで窓面積全体の半分以上、北側が僅か5%というところ、そして窓の全体の面積が必要最小限の19.1㎡というところが、我が家が窓の大きさや方角についてこだわった結果です。


窓のスペックを上げることはできませんでしたが、他の項目については自分なりには対策ができたかなと思っています。



今日も読んでくださりありがとうございました。


窓のレイアウトについて ~北向きの窓は要らない?~

こんにちは nao2です。



今回は、窓のレイアウトで「北向きの窓」について考えたことを書きたいと思います。




先に結論を言いますと「北向きの窓は要らない!!」というのが私の考えです。


まぁ、これは極論過ぎますが(笑)・・・


家の立地条件やその他の事情もあるので、必ずしもそうとは言えないこともあると思っています。




ただ、我が家の立地条件に限っては「北向きの窓」は不要だと建築前から考えていました。


我が家の立地条件は東南角地で、さらに西隣りが公園のため「採光」「通風」「日射取得」については、北以外の方角から十分に確保できる状況にあったからです。



私が窓を付ける一番の目的は・・・

最大の目的は「採光」「日射取得」で、次に「通風」でした。


ちなみに「通風」については、換気システムが導入されていますので、基本的に窓を開ける必要はありませんが、春や秋のシーズン、他にも必要に応じて開けることもあります。




「採光」については、以前にもこのブログで書きましたように、断熱性能の兼ね合いで必要最小限の窓面積に止めておくという方針でしたので、当然ながら「北向きの窓」は真っ先に仕分け対象となるわけです。



では、どうして北向きの窓が不要だと考えたのかというと・・・


・「北向きの窓」は日射取得が見込めない。


・「北向きの窓」は他の方角と比べ、相対的に明るさに劣る。


・「北向きの窓」は他の方角に比べ、結露のリスクが高くなる。


・ 北側すぐに隣接する隣家と相対するのはあまり好ましくない。


このような理由から、「北向きの窓」は何もメリットはないと思ったんです!!




そういうわけで、最終的にはこうなりました!!


1Fについては、間取りの関係で、北向きに勝手口を付けたのですが、その勝手口にはすりガラスの窓が付いていて、結果的にはそこに1か所付いたという結果になりました。



2Fについては、北東の子ども部屋と北西の和室に、やむを得ず北側に「通風」目的の窓ということで、2か所とも縦滑り窓にしました。



縦滑り窓は、窓を開けると、窓面自体が効率よく風をキャッチしてくれるので、小さな窓でも十分効果があると思っています。




結果的に、我が家の家の窓全体面積における「北向きの窓」の面積比ですが、、、


和室と子ども部屋だけなら全窓面積の2.2%
勝手口のガラス部分を合わせても全窓面積の5.5%


極めて少ない面積に収めることができました!!



今日も読んでいただきありがとうございました。


サーキュレーターを買いました

こんにちは nao2です。



日に日に暑くなって来ましたね。
気が付けばもう7月に入ってしまいました。



温度ストレスにめちゃめちゃ弱い我が家では、ほんの少しでも暑いと感じたときには頻繁にエアコンを稼働させています!!(笑)



そしてこのところ、新居で初めての夏のエアコンの稼働パターンも色々と試行錯誤をしているところです。



暖かい空気は、下から上に移動しますよね。
このことを利用して、冬場は1Fのエアコン1台だけを稼働させて、家全体を暖めていました。


なので今度は逆に、夏場は2Fのエアコン1台だけを稼働させて家全体を冷やそうと考えています。




それを実践してみて、一つ気付いたことがあるんです。


「冬の暖房と比べて、夏の冷房は体感的に家全体に涼しさが行きわたりにくいな~」って感じるんですよ。


理由はなぜかはわかりません。


ちなみに我が家のエアコンは1Fは14畳用、2Fは8畳用なのですが、もしかしたらエアコンの能力が関係しているのかもしれません。



換気システム「澄家」は冬場と同じ条件で稼働しているのですが、冬場の暖気よりは体感的に冷気の行きわたり方が弱いように感じるんですよ。



私の予想では「澄家」の給気口が1Fしかなく、2Fには排気口しかないので、1Fの空気が2Fへ流れる換気計画において、1Fは空気の流れの上流になるので、2Fのエアコンの冷気が少し回りにくくなっているのかも?と想像をしています。



なので、早速購入してみました。これです~


近くのY電気で購入しました。
山善のサーキュレーターで型番は「YAS-YKN183」です。
価格は6,000円弱です。


私は知らなかったのですが、電気屋さんの話によりますと「山善」というメーカーはサーキュレータではかなり有名らしいです。



ちなみに、家にはもともと扇風機があったのですが・・・


扇風機は扇状に広い範囲で風が届くのですが、風が届く範囲が短いのが特性で、サーキュレーターは風の範囲が狭いですが遠くまで風が届くという特性があるようです。



特性が違うことから、基本的には扇風機とサーキュレーターは用途に応じて使い分けたほうが良さそうだと考えて購入してみました!!





サーキュレータの特性をうまく活用して夏のエアコンの運用と併せてこれから考えていきたいと思っています。



今日も読んでくださりありがとうございました。


軒下の窓の温熱環境について~温度測定~

こんにちは nao2です。


今回は、直射日光に晒されている窓やサッシの温度測定と、軒下で日射遮蔽をされた窓やサッシの温度測定をして、どれくらい日射の影響を受けているのかを比べてみたいと思います。




前の記事で、軒を付ける工夫について記事にしましたが、今日は結構気温も上がってきましたので早速実行してみました(笑)


日時:平成30年7月1日(日)10:30


天気:晴れ


気温:大阪の天気予報では最高気温34℃、最低気温25℃



我が家の外気温:「澄家」による外気温表示はすでに32℃です!!




室内の気温(リビング)は27.7℃です(2Fの8畳用エアコン1台のみ稼働)
扇風機も付けていますので体感的にはとても快適です。




まず、軒がない東側の引き違い窓です。ここは設計上、軒を付けることができませんでした。


ご覧のように、午前中は直射日光に晒されてしまいます。


画像では、カーテンがあるので見えないですが、窓の上部にはシャッター収納部が付いていますので、サッシの上部分は日陰になり直射日光は当たっていません。




それぞれの箇所を測定してみますと・・・



直射日光が当たっていないサッシ上部 35℃

直射日光が当たっているサッシ下部  43℃ 


窓の温度              33.5℃ 


同じ場所の同条件でサッシの上下の温度を比べると8℃の温度差があります。
やはり直射日光の影響が大きいことがわかります。
 




次に南側リビングの掃き出し窓に移動して計測しました。
南側は全て軒が付いていてきっちりと日射遮蔽ができています。

温度計測の画像を全て撮ったのですが、ほとんど逆光でモニターが見えにくいので記録だけを紹介したいと思います。すみません!!



軒下の窓のサッシ上部   31℃

軒下の窓のサッシ下部   29.8℃ 


窓の温度       28.6℃ 



東側の窓と比べてみると、軒下の窓の温熱効果は一目瞭然ですね!!





参考に室内の床と壁を測定してみます。


東側窓横の室内壁(直射日光が当たっている側の室内壁)    26.2℃

南側窓横の室内壁(軒下で直射日光が当たていない側の室内壁) 26.4℃


屋外に面していない室内の壁(リビング)           26.2℃


室内床(リビングフローリング)               26.7℃




さすが外断熱のダブル断熱です!!


屋外に面している室内壁の温度と、屋外に面していない室内壁の温度に変わりはありません!!


つまり、壁に関しては、外気の影響を受けにくくなっているのがよくわかります!!




窓やサッシについて、直射日光の影響によってこれだけの温度差が確認できたので、軒を付けることは日射遮蔽においてはかなり有効であると考えます。



きちんと日射遮蔽をすること、それも屋内側ではなく屋外側で日射遮蔽を行うことが特に効果があるとされています。
軒下の窓やサッシの温度は、室内の壁や床と比べてみても、大きく温度差が生じでいないことも確認できました。



我が家の窓のように軒を付けることが「窓の性能不足」を十分に補ってくれている結果となりほんとによかったです。



今日も読んでくださりありがとうございました。


窓について考えたこと⑧ ~シャッターの活用~

こんにちは nao2です。



前々回のブログで、引き違い窓、掃き出し窓のことを書いたのですが、今回はシャッターのことを少し掘り下げて書いてみたいと思います。




我が家のリビングとダイニングの窓はリクシルの「サーモスⅡーH」の掃き出し窓と引き違い窓で、それぞれにシャッターがついています。


私自身は、家の性能を考えると掃き出し窓や引き違い窓はNGだと考えながらも、妻がどうしてもということで採用したんです。




まず普通に考えて、シャッターは一般的には防犯対策として活用しますよね~


私も全く同じで、シャッターについては電動にするか手動にするかくらいの意識しかなかったんですよ。



それに、旧家の木製の雨戸と比べ、薄っぺらい金属製のシャッターが温熱環境の工夫のために活用できるのでは?とは考えていなかったです。




新居に移り、シャッターを閉めたときの体感


我が家では、もともと旧家に済んでいるときから夜は雨戸を閉める習慣があったんです。


しかし、それはあくまでも防犯目的であり、過去に空き巣被害にあった経験があったからなんです。


妻がシャッター付きの掃き出し窓に強くこだわっていたのも、このことがあったからなんですよ。




そんなことがあったので、新居では防犯ガラスを採用し、さらに安全策ということで旧家と同じようにシャッターも閉めるという二重の用心をすることにしたんです!!





そしていよいよ新居に移り、すぐに冬の暮らしが始まったのですが・・・


「シャッターってもしかして効果があるんちゃうの?」と、なんとなくシャッターを閉めると暖房の効きがいいような・・・


夏ならシャッターは日射対策になるのかな~と想像できますが、まさかシャッターって冬にも効果あるのかな???と・・・




色々調べてみると、金属製のシャッターは熱を通しやすいので、シャッタ自体に断熱効果はありません。


しかし、シャッターを閉めることは、窓からの放射冷却を減らし、窓付近でおきるコールドドラフトを減らす効果があるそうなのです。


また、シャッターを閉めることで、シャッターと窓の間に生まれる空気の層が室内外の熱の出入りを抑え、断熱性をアップさせる効果もあるそうなんです。





次に、夏場なのですが・・・


窓からの夏の日差しを遮るには、シャッターも効果があるようです。



なので、シャッターによる日射対策により冷房も効きやすく、省エネの点でもメリットがあるのかなと考えています。



さらに、日差しの暑さは室内側よりも屋外側で遮ると効果的とも言われていますから、そこも理にかなっていると思っています。




まぁ、もともと防犯のためにシャッターを活用しているのだから、そのついでに温熱環境のことも考慮しながらシャッターを活用していこう!!と思ったんです。




もし、このブログが続いていたら・・・真夏や真冬に放射温度計を使って、シャッターを開けたときと閉めたときの窓とサッシの温度を比べてみようと思っています!!



期待どおりになるのかどうか全くわかりませんが、どちらの結果に転んでも結果報告をしますね。




今日も読んでくださりありがとうございました。