はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

どこに建て替える??

こんにちは nao2です。


このブログにはいろいろな設定や機能があるようですが、何がなんやらよくわからず使いこなせるのか不安を抱えながらただただ書き連ねていきたいと思います。


小林住宅とは10月に入る頃から本格的な話が進んでいった訳ですが・・・


家づくりといえば間取りの作成です。設計士Nさんに図面を書いていただきました。私も妻も新しい家の思い入れはとても強かったので欲張ってたくさんの思いをぶつけました。
Nさんは私たちの要望にいつも誠実に向き合い、少しでも私たちの思いを受け止めるべく努力を重ね図面を書いてくださりました。


しかしこの時期、同時に今の土地に建て替えることへの疑問が湧いてきたんです。
「これからずっと住んでいく家を建てるのに同じ場所で建てるのがほんとにいいのか?それとももっといい条件の土地を探し、新たな可能性を模索してみるいい機会なんじゃないか?」と思いました。


まずは小林住宅の営業のTさんと設計士Nさんにこのことを伝えたところ、「ZEH申請は年明けでも十分間に合うからそれまでは土地探しをしてみては?見つからなければ今の土地に建てればいいんじゃないですか」とまさに神対応なお言葉をいただいたんです。


ほんとにありがたいお言葉です。
せっかくいただいたチャンスなので全力で土地探しを始めました。


土地探しをするからには今の土地で不満な要素をできるだけ解消できるよう整理してみると同時にお金の面もきちんとクリアできるか考えておかなくてはなりません。


<土地探し>
南側道路でできるだけ間口の広い日当たりが抜群な土地。できれば角地
車や人通りが多くない閑静な場所
子どもの転校がなく、妻の実家が離れすぎないよう極力近い場所


<お金>
もし旧家を解体すれば200万円近く費用がかかるのと仮住まい期間の家賃や引っ越し代が50万円程度で合計250万円程度かかるだろう。
建て替えに費用としてこのお金が消えていくのならいっそのことこの分のお金を土地代に充てたほうが資産として残るしそのほうが得策なのではと考え、旧家の土地の売れるであろう金額に少し上乗せした予算を設定しました。



土地探しは運で決まるというかタイミングというか売り物がないと買えないものでほんとにある意味縁のものですよね。
ましてや欲張りともいえる条件で探すのですからある意味ダメ元です。


後になってもっといい土地を探しておけばよかったという後悔をしないための実績作りだったのなと今になって思います(笑)


情報をくまなく収集し、少しでも気になる土地があれば必ず足を運び実際に自分の目で見て回りました。自分で言うのも変ですが全力投球です(笑)



そしてついに・・・


神様が縁を結んでくださいました。
希望を全て完璧に叶えてくれる土地を見つけることができたのです。


不動産屋さんの営業マンNさんには顔を合わせるたびに「nao2さん、ほんとにラッキーですよ。今まで数ある土地を仲介してきたけどなかなかこんなにいい値段でこんないい土地は見つからないですよ。」と。Nさんに感謝です。
それとチャンスをいただいた小林住宅のTさんとNにも感謝です。


購入した土地は旧家から自転車で5分くらいの閑静な場所です。
子どもが転校もすることもありません。
40坪で南側道路で間口も広く東側が私道、西側が公園という採光も風通し抜群の場所です。
この土地でN設計士さんの図面で家が建つならおそらく私たちは最高の環境の家ができると思いました。


こうして土地も決まりいよいよ家づくりが本格的に進んでいきました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。