はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

ロフトについて考えたこと②

こんにちは nao2です。



今回は、前回に引き続き、我が家のロフトを画像でご紹介したいと思います。


2F和室から梯子で登ります。


和室なので畳の部屋なのですが、梯子の脚が載る部分はフローリングにしました。



思っていたよりも開口部が狭く、この部分は失敗だったな~とちょっと後悔しています!!



これから建てられる方は、使い勝手を考えるなら、間口はできるだけ大きい方がいいと思います。



あ、でも・・・



建築中に開口部が狭いのが気になったので、大工のYさんに相談をしたんです。


画像のように、臨機応変にYさんは登り口の天井を上げてくださり、これでも少しだけ間口が広がったんですよ!!





毎日のように現場に通いつめていたからこそできたことで、ほんとよかったな~と思った瞬間です!!



ロフトの入り口の間口の大きさまで想像することができなかったのですが、実際に現場で見つけることができ、できるだけの対処ができてよかったです(笑)




梯子の上からの画像です。


ロフトは居室として認められませんので、天井高は1400mm未満でなくてはなりません。


間口を確保するために踊り場の床が下がった分、天井高を意図的にこぶのようなものを作り、1400mmになるよう調整されてしまったんです。



まぁ、こればかりは決まり事なので仕方がないとはいえ・・・


「なんかモヤモヤするな~!!もうちょっと何とかならんかったのか~!!??」



窓はロフトということと、断熱性能のことも考慮して横滑り窓を1つだけにしました。


フローリングは、ウッドワンのコンビットモノ4尺のウォールナット色です。


小林住宅では、フローリング色は標準で2色まで選べるので、あえてシックで落ち着いた色にしてみました。




まだ荷物が完全に整理できていないのですが、このように6畳の半分くらいのスペースがまだ空いています。



さて、これから私の部屋としてどんな感じにしていこうかと思案中です(笑)



また完成したらご紹介するかもしれません(笑)



今日も読んでくださりありがとうございました。


ロフトについて考えたこと①

こんにちは nao2です。



今回は、我が家のロフトについて書きたいと思います。



小林住宅の外断熱は、屋根、壁、基礎の全てが外断熱材で覆われていて、さらに屋根と壁には、内断熱として硬質発泡ウレタンを吹き付けてW断熱となっています。



このため屋根裏であるロフトも居室と同じ温熱環境となるんです。


そこで考えたのが「せっかく部屋と同じ環境のロフトを単なる物置きにするのはもったいないな~、何らかの活用がしたいな~」と考えたんですよ。




しかし・・・梯子で登って天井が低いというデメリットがある場所だけに、家族ではだれもロフトを活用したいと思う者もおらず・・・



それならばと、いともたやすく私の書斎というか籠り部屋として獲得したんです(笑)
もちろん妻も了承済みです(笑)



あ、そうそう・・・


小林住宅でもロフトはオプションになるのですが費用は居室とは違い、とても安いんですよ。


我が家は6畳のロフトにしたのですが、40万円アップでした。
つまり坪単価に換算すると約13万円です。


あ、安いというのも坪単価にしたら安いということで、金額で40万円アップはかなりの大金ですよね(笑)



実際のところ、40万円アップというところでロフトを作るかどうかで悩んだのですが、せっかくの外断熱ということで、ロフトが部屋と同じ温熱環境にあり、物置き以外の活用の可能性があるということと、ロフトが十分すぎるくらいの収納スペースがあるで、そこに使用頻度の少ない家中の物を集めておくことで、他の居室には物がなくすっきりとした状態にできるとの思いから、思い切ってロフトを設けることにしたんです!!




まぁ、旧家での生活で感じていた収納への不満と、もともとの私の性格が「たくさんの物に囲まれてストレスだらけの生活は絶対にしたくない!!という強い思いもあったんですよ。



ちょっと長くなりましたので、次回は我が家のロフトを画像で紹介したいと思います。



今日も読んでくださりありがとうございました。

窓について考えたこと⑫ ~シェードの活用~


こんにちは nao2です。


前回の続き、シェードについて書きたいと思います。



まずは画像で紹介しますね。

バルコニーの外側から見た吹き抜けのFIX窓です。


7月15日の正午頃の様子です。


天気は快晴でうだるような暑さですが、軒のおかげできっちり日射遮蔽ができています。


「え?これならシェード要らんやん!!」って???
あとで書きますね。


シェードを下げた状態です。


見た感じは部屋の中が暗くなりそうな感じにも見えますが・・・


ちなみにシェードはリクシルの「スタイルシェード」という商品で、色は「スタイリッシュグレー」です。



シェードを下げた状態でリビングから見上げた状態です。


シェードがあると、採光にはわずかに影響はありますが、体感としてはリビングに居ても全くというくらい気付かないくらいのレベルです。




シェードについて考えたことあれこれ


今の時期のように、特に暑い日は朝から気温が30℃を超えてきます。


こんな真夏の日でも、午前中の早めの時間では太陽の高度が足りず、軒による日射遮蔽ができない時間帯が生じます。


それは午後の時間帯も同様で、日が落ちていくにつれ、日射遮蔽できずに西日が差しかかる時間帯があります。


また、この時期の西日はかなり強いということも考慮しておく必要があります。



これらのことを考えてみると、軒でフォローしきれない時間帯の日差しをシェードでカバーしようと思ったんです!!





さらに、そもそも吹き抜けの窓は5mくらいの高い位置にあるので、窓の内側にカーテンを付けて開閉させるのは難しいな~と思っていたんです。


また、無理やりカーテンを付ける室内側での対策は、室内側に熱を吸収・放射させてしまうので、それならより有効とされる窓の外で対策してしまおうと。


これらのことを勘案して、窓の外でシェードという発想に結び付いたんです。




でも・・・窓の外側にシェードを付けると考えるなら、屋外側から直接シェードを操作できるようにしておかなければならないと考えたんです。


他にも、吹き抜けの大きな窓は掃除等のメンテナンスも簡単にできるようにしておきたいとも考えていたんです。


そこで、小林住宅の設計士Nさんに「吹き抜け窓には手が届くようにバルコニー内に吹き抜け窓を付けてほしい、さらに軒の付いたバルコニーにしてほしい」と自ら要望したんです。



それを受けて小林住宅の設計士のNさんに提案していただいたのが画像のようなインナーバルコニーだったんですよ。


インナーバルコニーになったおかげで、吹き抜け窓以外にも、南側にある窓や開口部全てに軒が付いた形になったんです。



Nさんから提案していただいた図面は、まさに私が思い描いていた理想の形だったんですよ!!



実際に住んでみて・・・バルコニーに吹き抜け窓は想像していたとおり!!大満足です!!


全てが理に適っているな~と実感できています!!


窓の掃除はいつでも簡単にできるし、シェードの操作も思いどおりです!!


軒の効果については、以前に画像で紹介したとおりです!!




あとは、シェードの耐久性がどれくらいなのかが気がかりです。
設置費用が35,000円だったので、10年くらいもてばいいなと思っていますがどうでしょうか。



今日も読んでくださりありがとうございました。


窓について考えたこと⑪ ~シェードについて~

こんにちは nao2です。



以前の記事で、温熱環境にシャッターを活用することについて書きましたが・・・




我が家には南側に大きな窓が2か所あるんです。


南側1Fリビングは掃き出し窓の面積は窓面積全体の27%を占めていて、シャッターが付いています。


一方、南側2Fの吹き抜け窓の面積は窓面積全体の15パーセントを占めているますが、FIXなのでシャッターが付いてないんですよ。


この2か所の窓面積だけで家全体の42%を占め、かなりの比率になっているんです。



そこで私は新築打ち合わせの段階では、比率が大きな1Fのリビングの掃き出し窓と2Fの吹き抜けのFIX窓には何らかの対策が追加で必要だと考えていたんです。



そういうわけで、それぞれの窓は南側ということで、夏の日射遮蔽、冬の日射取得を考慮して軒を付けることで対策ができたのですが「窓の性能不足を補うには、まだこれでは足りない!!」と思ったんです。


そこで「シェード」を付けることを考えたんです!!



当初は、南側の大きな窓の1F掃き出し窓と2Fの吹き抜けFIX窓の2か所のどちらにもシェードを付ける予定だったんです。


そこで予算が気になり、小林住宅での打ち合わせ時にリクシルのスタイルシェードの見積もりを取って見ると・・・


約13万円!!



窓の性能アップはあきらめたにしろ「シェードにこの金額はちょっと高価すぎひんか??」と・・・


窓を高性能の窓に変更することに比べたら安いとはいえ・・・やっぱり高すぎる!!


光熱費で将来回収できるのか、また、シェードは紫外線や外気に晒されるわけだから劣化のことも気になり・・・


とりあえず保留することにしたんです!!



予算のこともあり、できるだけ安く付けようと考えていたり、もっと安い他のシェードでいいものはないのか、あるいはDIYで付ければ安上がりでいいかもなど、新居に住み始めてからじっくりと検討することにしたんですよ。



ところがこれが後になって嬉しい誤算となったんです・・・!!


実際に住み始めてみて「シャッターって結構使えるやん!!」と体感できたので、1F掃き出し窓のシェードは取りやめることにしたんです。



「どう使えるねん??」っていうところなのですが、シャッターの具体的な運用方法については、少し話が長くなり話題からそれてしまうので、またの機会に書きたいと思います。



まぁ、とにかく2Fの吹き抜けFIX窓にのみシェードを付ければいいということで、新居に居に住み始めてから見積り比較などをして検討した結果・・・


リクシル製のスタイルシェードが3万5千円ということなので即採用!!



ちなみにスタイルシェードの特徴や性能については・・・



こんな感じです。


窓周りの対策は屋内側より屋外側で行う方が効果が期待できること、金額も窓を高性能の窓にすることを思えば安いもんです。
性能についてもカーテンの43%に対してシェードは83%の熱をシャットアウトするとなると、ここは迷うことなく「とりあえず付けよう!!」と!!



長くなってきましたので、次回、実際に我が家のスタイルシェードを画像などで紹介し、さらに色々と考えたことについて書いてみたいと思います。


今日も読んでくださりありがとうございました。


夏場のエアコン稼働パターンの模索②

こんにちは nao2です。


前回の続きを書きたいと思います。



まず、私が2Fのエアコン1台での稼働について課題だと感じたことについてですが・・・


2Fのエアコン(8畳用)1台だけで全館空調を行うには能力が足りない!!


ざっくりと感覚的な説明になりますが、梅雨明け前の気温が30℃くらいまでなら8畳用エアコン1台でも過ごせますが、ここ最近のように連日35度以上にもなる猛暑ではこのエアコン1台では全くダメです(笑)


もう少しスペックの高いエアコンにしておけばよかったと後悔しています!!



高気密高断熱住宅は熱がこもりやすい??


基本的に熱は高い方から低い方へと移動しますよね?


たぶんこのことが関係していると思うのですが、夏場はどうしても外の熱の影響を受けて家の中に熱が入ってしまい、そして一旦熱を取り込んでしまうとはっきりと体感できるくらい熱がこもってしまうんです。



思い起こせば、今よりも少し前の6月頃、昼間はそこそこ暑いけど夜は涼しい日の夜に、このことがはっきりと体感できます。


こんな日に、家の中から外に出た瞬間「あれ?家の中より外の方が涼しいやん!!」って感じたことが何度もあったんです。


気密性断熱性が高くなると「熱がこもる」ということが無視できない課題だと気づいたんです。


冬場に比べて冷気が巡りにくい??


夏場のエアコンについて、同じ2Fの部屋でも、エアコンから離れた和室などは涼しくなりにくく、上手くいかないです。


でも、冬場はそんなことは全くなく、1Fのエアコンの暖気が2Fの各部屋にも十分に届いていたんですよ。



なんでやろ・・・



そもそも効果的に空気が巡るのは、換気システム「澄家」による換気計画のおかげだと思うのですが、夏場は思うようにうまくいっていないんです。


前の記事にも書きましたが、2Fのエアコン前にサーキュレーターも導入し、強制的に風を送ってみたんです。



それなのに猛暑のこの時期になるとうまくいかない・・・


冬は何の苦労もなくうまくいったのに・・・


やっぱりエアコンの能力が低いのが原因なのかな・・・



それしか考えられない!!




いろいろと課題が浮き彫りになってきて・・・


冬場と夏場の外気温と室温の温度差を考えると冬場の方が大きいので、室温管理や光熱費ついて冬場の方が大変だと思っていただけに、夏場にこのような状況になるとは思ってもいなかったんです(笑)


これだけ35度以上の猛暑という異常気象が連日続いていることを割り引いて考えたとしても、さらに、今さらエアコンを買い替えるなんてできないので、今ある条件内でエアコンの稼働パターンを考えなくては・・・と。




2Fのエアコンが能力不足であろうと考えた以上、1Fリビングと2Fフロアの2台同時稼働のパターンを基本に考えていくことにしたんです。



とにかく私と妻は冬よりも夏の暑さに弱いのでここは譲歩できません。


電気代についてはある程度は度外視して、とにかくエアコンをふんだんに駆使して体感的に快適と感じるエアコン稼働のパターンを考えることに!!



猛暑続きのために、一旦決まりかけていたエアコン稼働のパターンを練り直すことになりましたが、またパターンが確立したときに続きを書きたいと思います。




今日も読んできただき、ありがとうございました。