はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

我が家のエコカラット

 こんにちは nao2です


今回は、エコカラットについて書いてみようと思います。


家づくりを始めてから、いろいろなモデルハウスやネットの画像で、とてもおしゃれで素敵な壁って見かけるんです。


あれってなんだろう??
調べるまでもなく、いつしかそれがエコカラットなるものだと知りました。



エコカラットはリクシルの製品で、目に見えないナノサイズの孔で、家の中の空気を吸ったり吐いたりしてきれいに整えるそうです。
調湿、においや有害物質を低減するそうです。



おしゃれでおまけにそんな効果まで期待できるなら、早速取り入れたいと思いました!!



ところが・・・


思っていたよりもけっこう高価なものだとわかり・・・



お金をできるだけかけない!!って言いながら、エコカラットを付けるかどうしようかとほんとに最後の最後まで悩みに悩んだ結果・・・



「せめて一番長く居るリビングと1Fのトイレだけは少しだけ贅沢しよう!!」
と思いきりました。



エコカラットの種類はかなりたくさんあって、どれが我が家にマッチするのか全く見当もつきません。


小林住宅のコーディネーターのKさんにも付いてきていただき、リクシルのショールームに行きました。


ショールームで色々なレクチャーやアドバイスをいただき、Kさんにもアドバイスをしていただき最終的に選んだのがこれです!!


これがリビングのエコカラットです。
我が家では巾木は基本的に白を採用しているのですが、小林住宅のコーディネーターのKさんの粋な計らいによりここだけダークブラウンに変更し、とてもマッチしてますよね。



トイレのエコカラットです。
水回なので、調湿とにおいも吸い取る効果も期待して付けてみました。


センスはどうなのかわかりませんが、我が家では高級感もありアクセントもあってとても満足しています。


照明が当たるとこんな感じに・・・



最後に・・・


「エコカラットの調湿とにおいを吸い取る効果はどれくらいなん?」って聞かれそうなので・・・感想はというと・・・



まず、これは人による感じ方によるものと前置きしながら・・・
我が家では全員、効果を体感するようなことは全くないです!!



でも、ショールームでコーヒー豆の消臭実験や霧吹きで水を吹きかける実験を見ているので私たちが気がつかないうちに効果を発揮しているのでしょう!!

建築中を振り返って ~監督さんと大工さん~

こんにちは nao2です



これから家づくりを始めるみなさんは、建築現場へどれくらい足を運ぼうとされていますか?


最初の挨拶は行くとしても、その後どんなふうに関わっていけばいいのか・・・
そうではなく、邪魔になるから遠くで見守るくらいがちょうどいいと思う人も・・・


まぁ、色々なスタンスがあろうかと思います。


こういう時の距離感ってほんとに難しいですよね~~(笑)


でも、人と人の巡り合わせみたいなところがあるので正解なんてないのかなと思います。(笑)



で、私の場合はというと!!
着工の日から足しげく毎日のように最後まで通いつめました!!


家を建てるためには、ほんとに多くの工程があり、その工程のそれぞれが専門的なこともあり、完全に分業となっています。


そのため、ほんとにたくさんの方々にお世話になりました。


その中で、一番長い間ご一緒した監督のSさんと大工のYさんには大変お世話になりました。



でも・・・なぜそんなに通いつめたかというと・・・


どんなふうにして家が建つのかとても興味があったのもありますが、やっぱり自分がずっと住む家だからこそ、わかるわからないに関係なく、自分の目でちゃんと見ておきたかったからです。



こんな私なので、いつも妻から「そんなにしょっちゅう行ってたら嫌がられるで!!」と言われていましたよ(笑)




でも思うんですよ・・・


大工さんも人間だから、顔が見えない人の家を建てるのと、顔が見えている人の家を建てるのとではやっぱり意識が違ってくるんじゃないかと・・・


もちろんプロの方なので、手抜きとかはないと思いますが、でも気持ちの部分って大事だと思いませんか?!!


大工のYさんとの会話は、その時している仕事を見ての質問だったり、ずっと以前から自分がわからなかったことの質問だったり、Yさんの大工としての経験談だったり・・・


最初は職人気質で無口なYさんでしたが、いつしか気さくに話せていろいろと教えてくださるようになりました。



それと・・・


そんなYさんと同じくらい監督のSさんともたくさん話をしました。
Yさんに聞きそびれたことや、図面上で確認したいことなど何でも話を聞いてくださいました。
納得がいかないことがあれば、納得がいくまで強く説明をもとめたこともありました。


でもそんなとき、Sさんはいつも誠実です!!
いかなる私の投げかけに、必ず答えを見つけようとしてくださいます。


その姿勢は家が建った今でも変わることなく、アフターフォローもとても誠実なのです!!


他のHMのことは知らないのですが、小林住宅では、私の家のアフターのケアは監督のSさんと営業のTさんの後任の営業のSさんの両方にお世話になっております。



家が建った後のHMとのおつきあいがより大事!!ってたまに聞きますよね~
今になって気付きました。ほんとそのとおりです!!


さらに、今になって強く思うことは、家を建て終わった後の対応やアフターのフォローのあり方で、HMの会社としての真価が問われるのだと私は思うんですよ!!


だから、もしHMをお探しの方がおられましたら、家が建った後のフォローがきっちりできる会社を選ぶことをお勧めしたいと思うわけです!! 気が付くのが遅いですよね(笑)



家を建てるとなるとほんと多くの手で多くの物が作られていますので、大なり小なりの不具合は必ず生じます!!




幸いなことに我が家では、営業のSさんと監督のSさんの両輪で対応をしてくださっています。


これからもいろいろな相談に親身に応じてくださると願っています!!

建築中を振り返って ~使用木材について②~

こんにちは nao2です


前回の続きです。
あまりにも私のホワイトウッドへの抵抗感を見かねてなのか、営業Tさんから新たな木材の提案を受けることになりました。




それは「コアドライ」というカラマツを特殊な技術で乾燥させた木材です。



カラマツ材は、北海道ではなかりの生産量がある木材らしいのですが、ねじれが発生しやすく、狂いやすく、割れたりなどで、乾燥加工が難しい木材らしいです。
そのため、これまでは家の建築用材には使えないものとされてきたようです。



ところが近年になり、地方独立行政法人北海道立総合研究機構が中心となり、カラマツ材の内部(コア)までしっかりと乾燥させることで、カラマツのねじれは大幅に抑えられ、集成材と同等の寸法安定性が得られたということのようです。


「コアドライ」はこの技術により、角材が内部(コア)まで均等にしっかりと乾燥され、割れ、ねじれの少ない建築用材として使うことが可能となったそうです

画像のように管柱のおそらく全て?だっだと思いますが「コアドライ」が入りました。(白いシールが貼ってあるの木が「コアドライ」です。)



画像のように、そして画像に写っていないところも含め、全体にわたって「コアドライ」が入りました。




さらに、土台などの重要なところはヒノキやベイマツを使い、H300以上の集成材のところは幸運にも「レッドウッド」が入ることになり、ひとまず安心することができました。




あ、でも・・・ホワイトウッドが決して悪いということではありませんよ。


実際のところ私は建築関係の仕事をしているわけでもなく、建築材の専門家ではないので、根拠もなく自分が勝手に心配していただけかもしれないです!!


ちなみに現在・・・「コアドライ」は供給が間に合わないとのことで取り扱っていないそうです。



営業のTさん、いいタイミングで紹介してくださりありがとうございました!!

建築中を振り返って ~使用木材について①~

こんにちは nao2です。



家の耐久性を考えたとき、どんな材料を使っているのかということは、とても大きな関心事だと思います。



小林住宅では土台など重要な部分はヒノキやベイマツを使い、長い木材(H300以上)はホワイトウッドやレッドウッドを使うそうです。



ホワイトウッドと聞いて私はとても心配になりました・・・



ホワイトウッドってネット上ではあまり評判がよくありませんよね?


でも最近ではコストのこともあり、ホワイトウッドを使って家を建てているHMも多いそうです。



そんなホワイトウッドもコスト以外にもメリットがあるようです。
集成材なので狂いが少ないこと、湿気を含まないようにきちんと施工できていれば強度も強いということのようです。



ただ、湿気にはとても弱いこととシロアリにはめっぽう弱いというデメリットがかなり大きいのでリスクも大きいようです。



営業マンTさんによれば、外断熱の家は躯体が断熱材に覆われることで、湿度の影響を受けにくいし、土台をはじめ重要な部分にはホワイトウッドは使わないから心配ないとのことでした。



「それはそうなのかもしれないけど・・・長年住んでたら経年劣化等で躯体に何らかの影響が出るかもしれないという可能性は否定できないんちゃうん?・・・そんなリスクを最初から背負うのは嫌やなー!!」って思っていました。



「それならホワイトウッド以外の材料を使えば?」ってことになるのですが、コストに大きく跳ね返ることを考えると、そういうわけにもいかず・・・



それなら、例えホワイトウッドを使用したとしても、湿気に対する施工と防蟻をきちんとして、デメリットを補えばいいのでは?といいのかなと思うのですが・・・
とは言っても、経年にわたり、新築の時の施工状態がそのまま保持され続けるとは言い切れないところで悩みます・・・



そうやって悩んでるときに営業のTさんから、仕入れ時期によってはホワイトウッドではなくレッドウッドになることもあるとのこと。



「なに?レッドウッド??何が違うん??」



調べてみるとレッドウッドもホワイトウッドと同じ集成材らしいのですが、原産地が違うことでその特性も違うようです。



ホワイトウッドとレッドウッドについて調べているうちに、私の考えとしては「レッドウッドのほうがええんちゃうの~?!!」と思い、できるならレッドウッドになることを祈っていました・・・



こんな大事な事なのに、もはや運任せにするしかありません!!(笑)



運に任せているさなか、ホワイトウッドにとても心配する私を見かねてか、営業マンのTさんからさらに新たなお話を聞くことになり、事態は刻々と変化していくのでした!!  


~~次回へつづく~~

建築中を振り返って ~基礎・タームガード~

こんにちは nao2です



今回は建築中を少しだけ振り返ってみたいと思います。



ブログの最初のご紹介にもありましたように、このブログは過去と現在を自由に行き来するブログですので、気まぐれに建築中の画像など交えながら振り返りをご紹介することもあります(笑)



小林住宅は外断熱をウリにしているHMです。


外断熱には2種類あって基礎の外側に断熱材がくる「外張り断熱」と画像の我が家のように基礎の内側に断熱材がくる「基礎断熱」があります。



ちなみに画像で水色の外周内側の立ち上がりと底部に見えるのが断熱材です。



どちらの工法も一長一短あるようですが、私は防蟻についてとても慎重派でしたので、「基礎断熱」を採用しました。





詳しい理由については、以前に上記の回のときにお話ししましたが、一番の強く思うところは・・・



「シロアリは生き物で、そして生き物である限り、時には私たちが想像できないような能力を発揮したり想定しないような行動をするかもしれない」と考えているからです。



抗生物質が効かず、耐性を獲得した細菌の例をみてもそうは思いませんか??


だからそこ防蟻は慎重に何重にも対策を講じるくらいがちょうどいいと私は思うのです。


このほかにエコボロン(ホウ酸処理)も躯体に塗布していますし、断熱材も防蟻のもの、貫通部にも防蟻処理を施してもらうよう変更をお願いしました。


画像にあるように、基礎の周りを囲むようにオレンジの配管が施されていますが、これがタームガードシステムの配管です。


小林住宅ではこのタームガードシステムが標準の防蟻対策になります。


ここから遅効性の薬剤が染み出てくことで、シロアリを一網打尽にするというわけです。


ただし、5年に一度、配管とつながっている地上部の口から薬剤を補充しなければなりません。その費用は5~10万くらいと聞いています。


これで絶対安全とは思っていませんが、一定の対策はできたのではないかと考えています。



目にはっきり見えるとか、体で快適性を実感するようなところではないだけに、このあたりのお金のかけ方って判断が分かれるところだと思うのですが、みなさんはどう思いますか?(笑)