はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンのW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

窓を開けない生活について

こんにちは nao2です。



我が家は高気密住宅のため、第1種換気システム「澄家」で換気を行っています。



家の中の空気は、熱交換をしながら2時間で空気の総入れ替えが行われるように制御されていますので、新居に移ってからは、換気目的で窓を開けることはなくなりました!!



5月中旬以降になってからは寒暖差が激しく、窓を開けたら涼しいかなと思うときは窓を開けることもあります。


しかし基本的には「窓を開ける必要性を感じることがないので開けない!!」というのが正しい表現なのかもしれません。



そんな窓を開けることがなくなった生活で意識しだしたのが「臭い・匂い・香り」です。



そこで、たまたまというか偶然というか、前にもご紹介した「とにかく家の図面の上を何度も何度も歩け!!そこで想像しろ!!考えろ!!」と名言を放った友人のT君と家族から新築のお祝いにということで「茶香炉」なるものをいただいたんです。


上の皿にお茶の葉をのせて、下の蝋燭に火をつけて~


こんなふうにセットするんですよ!!



デパートとかでお茶屋さんの前を通りかかったときに、お茶の葉が燻された上品な香りを感じたことはありませんか?  ~あの香りなんですよ!!~



昼間なのでわかりにくいですが、茶香炉の隙間からこぼれるろうそくの火もおしゃれだな~と思っています。



雑貨店などに行くと、色々な香りのお香が売られていますが、人それぞれ好みがあって選ぶのってけっこう難しいな~って思いませんか?


万人受けするものってなにかもわからないし~



我が家では家族全員「香ばしい上品なお茶の香り」が大好きで、けっこう頻繁に茶香炉を焚いています。


洋風のリビングの中で唯一の「和の癒し」を享受している感じです。



それと、お茶の香りを嫌がる人ってあまり居ないと思っていますので、来客があった時も普段どおり焚いたりもしています。



このように窓を開けない生活になったおかげで「茶香炉」が楽しみやすい環境となり、今までにはなかった新しい生活スタイルへと変わりつつあります~(笑)



今日もよんでくださりありがとうございました!!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。