はじめての家づくりで考えたこと~小林住宅 W断熱~

2017年11月、小林住宅のW断熱の家を新築。建築時から現在の生活まで思いつくまま気ままに書き綴ります。

Ua値0.41 C値0.27 太陽光発電とエネファームのW発電 ZEH住宅 外断熱(内基礎断熱)と吹き付け断熱の内外W断熱  
タームガードとエコボロンでW防蟻 在来工法耐震等級3 第1種換気システム「澄家」 

昨日のリビングの室温記録

こんにちは nao2です。



昨日はとても暑かったですね~


それもそのはず!!大阪では最高気温が28度、最低気温は17度でした。



我が家では全員、温度ストレスに弱く、特に私と妻は夏に弱く、ちょっとでも暑いと思ったらすぐにエアコンを入れてしまうような家族です(笑)



じゃあ、冬は大丈夫なの?と聞かれそうですが、、、
まぁ・・・冬もダメなんですけどね(笑)


どないやねん!!(笑)


6月2日(土)天気は雲一つない快晴です。


昨日の朝、8時半頃のリビングの室温です。
23.4度、湿度は54%です。


言うまでもなく、暑くもなく寒くもなくちょうどよく快適!!




同じく10時頃のリビングの室温です。
23.8度、湿度は53%です。


ほとんど温度変化はありません。



同じ10時ごろの2階のホールの室温です。
24.7度、湿度は54%です。


同じく10時の2階の和室です。リビングからは一番離れた場所になります。
25.2度です。  あっ!!、、、湿度計が付いていない(笑)


10時の時点で、1階のリビングと2階の和室の温度差は1.4度ということになります。


小林住宅のHPやカタログでは、1階と2階の温度差は2度以内とPRされているので、今日の計測はまさにそのとおりになっていますね!!



ずっとリビングにいたのですが、さすがに超が付くくらい暑がりな我が家でも、このレベルならさすがにエアコンは不要です(笑)



11時過ぎのリビングの室温です。
24.2度、湿度は54%です。


このレベルでもエアコンは要らないのですが、もうちょっとしたら入れようかなって思わせる感じです。



この後12時過ぎに子どもが友達を連れて部活から帰ってきました。


キッチンでは昼食の準備でガスコンロを使っていたこともあり、リビングの室温は24.8度になっていました。




そういうわけで、2階のエアコンを自動運転でポチッ!!


テストでエアコンを入れてみたことはありましたが、昨日は午後から初めてエアコンを本格的に入れてみました。


夏の暖房とは逆で、冷気は下に下がってくるということで2階のエアコンを稼働したわけです。



2階の吹き抜けからさわやかな冷気が下りてきます。


エアコンから離れた場所なので直接風も当たらず、おそらくゆっくりと冷気が吹き抜けの開口部から下りてきてるのだろうと想像するのですが、その空気感がとても心地がいいんですよ。


何ていうか、、、エアコンが入ってないように感じるくらい自然な涼しさなんです。




夕方には、T君とT君の奥さんが突然遊びに来たんです。


T君は、前にもご紹介した「とにかく家の図面の上を何度も何度も歩け!!そこで想像しろ!!考えろ!!」と私に名言と家づくりの原動力を授けてくれた友人です。


T君は、2Fの8畳用エアコン1台だけで家中が涼しくなっている様子と空気感を体感して驚いていました。



これが真夏になったらどうなるのか今からとても楽しみです。
もっと暑くなったら、夏の窓の遮熱対策と併せてさらに詳しく報告したいと思います。



今日も読んでくださりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。